現在位置:

【広報資料】スマート水素ステーション及び燃料電池自動車を活用した全国初の体験型水素学習事業の開始及びステーション完成・事業開始記念式典の開催について

ページ番号214188

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月8日

広報資料

平成29年2月8日

環境政策局 地球温暖化対策室(TEL:222-4555)

 京都市では,利用段階で温室効果ガスの排出がなく,将来のエネルギーとして中心的な役割を担うことが期待される「水素エネルギー」の普及拡大に取り組んでおり,再生可能エネルギーから水素を製造するスマート水素ステーション(以下「SHS」という。)を導入しました。

 この度,株式会社ホンダカーズ京都と連携の下,SHS及び燃料電池自動車(以下「FCV」という。)を活用し,水素製造の仕組みやFCVの原理等を学び,実際に製造した水素燃料でFCVに乗車いただく,水素学習とFCV体験乗車とを組み合わせた全国初の体験型水素学習事業を開始します。

 つきましては,SHSの完成披露とともに事業の開始式典を実施しますのでお知らせします。

1 体験型水素学習事業

⑴ 概要

 再生可能エネルギー(太陽光)から水素を製造するSHSや水素燃料で走るFCVを活用し,設備やビデオ視聴等で水素エネルギーを学んでいただいた後,実際に「ホンダクラリティ」に乗車いただくことで水素エネルギーを体感いただきます。

⑵ 実施場所

 ホンダカーズ京都山科西店 店舗(山科区北花山大林町55-1)

⑶ 申込条件

 京都市に在住の方で普通自動車免許証をお持ちの方

 ※ 1日最大2組,1組5名まで参加可

 ※ 詳細な条件については,予約Webサイト内の利用規約で御確認ください。

⑷ 体験料金

 水素燃料代を含め無料

⑸ 体験内容

・ 水素学習(約30分)

  ビデオ視聴,パンフレット等による学習,SHS及びFCVの見学等

・ 体験乗車(2時間以内)

  走行範囲は京都市内を概ね50km以内

※ 体験開始時間は午後1時からです。

⑹ 事業開始日

 平成29年3月2日(木曜日)(※ 体験は水曜日を除く)

⑺ 申込方法

 2月27日(月曜日)午前10時から,予約Webサイトで受け付けます。利用に当たっての諸条件及び注意事項は,サイトに掲載する利用案内で御確認ください。

 (アドレス)https://www.kyotocity-fcvdriving.jp外部サイトへリンクします

 ※ パソコン,スマートフォン等をお持ちでない方は,直接店舗にお問い合わせください。

<ホンダカーズ京都山科西店>

 電話:075-591-3613,営業時間:午前10時~午後7時30分

2 スマート水素ステーション完成及び事業開始式典

⑴ 日時

 平成29年2月26日(日曜日)午前9時30分~午前10時(※雨天決行)

⑵ 場所

 ホンダカーズ京都山科西店 店舗(山科区北花山大林町55-1)

⑶ 次第

 ・ 来賓及び主催者紹介

 ・ 挨拶(京都市長,来賓)

 ・ FCVのモデルキー贈呈

 ・ 事業開始テープカット

  ※ 式典終了後,出席者及び報道関係者に対するホンダクラリティの試乗会を開催します。

⑷ 出席予定者

<来賓> 敬称略

 三部 敏宏 本田技研工業株式会社 執行役員

 松本 明広 株式会社ホンダカーズ京都 代表取締役

 土田 和久 岩谷産業株式会社 常務執行役員 近畿支社長

 岩崎 泰大 鏡山学区自治連合会 会長

<主催(京都市)>

 門川 大作 京都市長

 足立 裕一 地球環境・エネルギー政策監

 石田 忠彦 山科区副区長

<現地図>


ホンダカーズ京都山科西店(山科区北花山大林町55-1)

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286