現在位置:

京都議定書誕生20周年記念 地球環境京都会議(KYOTO+20)(仮称)の開催について

ページ番号213107

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年1月5日

京都議定書誕生20周年記念 地球環境京都会議(KYOTO+20)(仮称)の開催について

 平成29年は,地球温暖化対策に関する人類史上初の国際的な約束である「京都議定書」が誕生して20周年の節目を迎えます。また,京都議定書が大きく飛躍し,人類全体が地球温暖化防止のための共通の目標の達成に向けて取り組むことを合意した「パリ協定」の実現に向けて歩みを進めるべき年です。さらに,平成30年のパリ市との姉妹都市提携60周年に向けた重要な年でもあります。

本年,京都市では,その節目を記念して,パリ市や国連の公式協議機関イクレイ等と連携し,京都議定書誕生20周年記念 地球環境京都会議(KYOTO+20)(仮称)を開催したいと考えておりますので,お知らせします。

 

 1 開 催 日

   平成29年12月10日 日曜日

 

 2 開催場所

   国立京都国際会館(京都議定書が誕生した場所)

 

 3 目  的

 (1)京都議定書の意義や,京都議定書誕生以降,都市をはじめ世界が取り組んできた地球温暖化対策の成果と課題を基に,パリ協定を踏まえた対応策の推進に向けて議論することにより,地球温暖化対策の重要性とこれに取り組む方向性についての認識及びその実行に向けた決意を共有すること。

(2)世界的に都市化が進展するもとで,温室効果ガスの大排出源である都市の役割の重要性も踏まえ,京都市長が東アジア地域理事会議長を務めるイクレイ(国連の公式協議機関,持続可能性を目指す自治体協議会)との協働等を通じて,国際的な都市間連携の強化により,地球規模での温暖化対策の深化を促進すること。

 

 4 テーマ(予定)

   「気候変動への更なる挑戦 ~京都議定書からパリ協定へ~」

 

 5 プログラム

   午前 全体会議

      (基調講演や門川市長及びパリ市代表者の特別講演などを想定)

   午後 分科会

      (3つ程度 「都市間連携により促進する地球温暖化対策」,「低炭素型ライフスタイルへの転換」等を想定)

      全体会議(分科会の総括,「京都宣言」(仮称)の発表)

 

 6 「京都宣言」(仮称)について

   京都議定書が全人類の参加によるパリ協定へと大きく発展したことを踏まえ,地球温暖化対策を更に推進していくために人類が共有すべき理念を希求し,決意等を表明する,「京都宣言」(仮称)を発信します。

  

(「京都宣言」(仮称)の基本的な考え方)

(1)京都議定書の意義や,京都議定書誕生以降の地球温暖化対策の成果と課題,更には京都議定書が全人類の参加によるパリ協定へと大きく発展したことを改めて一人一人が共有し,対策の更なる推進を目指す必要がある。

(2)世界的に都市化が進展するもとで,都市が市民,事業者と連携して,温室効果ガス排出量の今世紀後半の「実質ゼロ」に向けて主導的に取り組んでいく。

(3)地球規模での温暖化対策を有効なものとするには,国家間の連携だけではなく,住民のくらしに直結する都市の国際的な連携が必要である。

(4)地球温暖化が人類の存続を脅かす状況の下,環境と調和した持続可能な都市文明のあるべき姿を発信する。

 

 7 招聘自治体(予定)

   イクレイとも協議し,先進的な取組等を進めている国内外の都市(海外10都市程度を含む。)を選定し,参加を呼び掛けます。

 

 8 主催等

 (1)主 催  京都市

 (2)共催後援  環境省,京都府,イクレイ,京都商工会議所等を予定

 

 9 関連事業の開催

  NPOや民間事業者と連携した市民シンポジウムなどを予定しています。

  また,本市主催等の環境に関連したイベントなども関連事業と位置付けて実施します。

 

 10 今後の予定

   平成29年2月     平成29年度予算案を京都市会に提案

   平成29年4月以降   関連事業の開催

   平成29年12月10日 地球環境京都会議(KYOTO+20)(仮称)の開催

 

【参考1】イクレイ(持続可能性を目指す自治体協議会)

 正式名称は,イクレイ-持続可能性を目指す自治体協議会。平成2年に国連主催の「持続可能な未来のための世界会議」において設立された,持続可能な社会の実現に積極的に取り組む自治体で構成された国際的な連合組織であり,国連の公式協議機関。

 世界86箇国・地域から1,500以上の自治体で構成されており,うち,東アジアでは,89自治体(日本18,韓国57,中国2,台湾11,モンゴル1),日本は18都府県市区が加盟している。

 世界本部はドイツ・ボン市,東アジア事務局は韓国・ソウル市,日本事務所(一般社団法人イクレイ日本)は東京都にある。

 日本でのイクレイ加盟自治体(18自治体)

 京都市,東京都,愛知県,京都府,札幌市,仙台市,さいたま市,川崎市,横浜市,名古屋市,広島市,北九州市,熊本市,武蔵野市,飯田市,富山市,板橋区,墨田区

 

【参考2】著名人を起用した京都議定書誕生20周年のPR

 平成28年10月から,京都市出身・在住で全国的に知名度が高く,女優でありフィギュアスケート選手としても活躍する本田望結さんを起用し,DO YOU KYOTO?を合言葉に,環境にやさしい取組を呼び掛けています。

 本年を迎え,京都議定書の誕生20周年をPRするため,同じく本田望結さんを起用し,動画やポスター等により呼び掛けます。

 1 動画の配信

  YouTubeで,京都議定書誕生20周年をPRする動画(30秒)を放映します。

  (1月4日水曜日午後2時から)

   https://www.youtube.com/watch?v=EY8pkdE1qjo外部サイトへリンクします

  なお,「きょうと動画情報館」及び「DO YOU KYOTO?」のホームページからもアクセスできます。

                                         

 2 ポスターの掲示(別紙参照)

   ポスターを地下鉄の駅,本市施設や各種イベント等で掲出します。

   (1月4日水曜日から順次実施)

 

 3 啓発クリアファイルの配布

   京都議定書誕生20周年を呼び掛けるクリアファイルを作成し,各種イベント等で配布します。(2月から順次実施)

 

  <本田望結さんのプロフィール>

   ・ 京都市出身,京都市在住,12歳(小学6年生)

   ・ 女優,フィギュアスケート選手

   ・ 京都マラソン応援大使(平成25年度~)

   ・ 主な出演ドラマ:「マルモのおきて」,「家政婦のミタ」

市長記者会見資料(京都議定書誕生20周年記念 地球環境京都会議(KYOTO+20)(仮称)の開催について)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286