リサイクル可能な紙類の分別義務化!

ページ番号196575

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年4月12日

事業所から出るごみの分別ルールが変わりました!

 この度,「京都市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例」が平成27年3月に改正され,平成28年4月から「リサイクル可能な全ての紙類」の事業者による分別が義務化されました。

 産業廃棄物(缶,びん,ペットボトル,プラスチック類,金属類等)など,従前からクリーンセンターへの搬入を禁止している品目に加えて,リサイクル可能な紙類の分別が義務化され,クリーンセンターへ搬入することができなくなりました。

義務に違反すると,改善勧告や命令,事業者名等の公表をすることがあります。

平成28年4月から

リサイクル可能な全ての紙類

リサイクル可能な紙類

リサイクルできない紙(禁忌品)

リサイクルできない紙類(禁忌品)は,これまでどおりクリーンセンターで処分できます。古紙のリサイクル施設によって禁忌品は異なりますので,取引業者などと相談しましょう。

禁忌品(リサイクルできない紙類)

分別義務化チラシ(改訂版)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局循環型社会推進部

電話:【ごみ減量推進課】075-213-4930【まち美化推進課】075-213-4960【廃棄物指導課】075-366-1394

ファックス:【ごみ減量推進課】075-213-0453【まち美化推進課】075-213-4961【廃棄物指導課】075-221-6550