2013(平成25)年度の温室効果ガス排出量について

ページ番号196508

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年7月31日

2013(平成25)年度の温室効果ガス排出量について

 2013年度の京都市域における温室効果ガス排出量を取りまとめましたので,お知らせいたします。

 2013年度の温室効果ガスの総排出量は約792万トンであり,前年度(2012(平成24)年度)に比べて約8万トン,1.0%減少したものの,地球温暖化対策条例に基づく基準年度(1990(平成2)年度)に比べると約8万トン,1.1%増加しています。

 前年度から減少した主な要因は,市民・事業者の省エネルギーや節電等の取組によって,エネルギー総消費量が基準年度以降で最も少なくなるとともに,太陽光発電,ごみ発電等(排出量を削減する効果のある量)の取組が進んだことによるものです。

 基準年度から増加した主な要因は,原子力発電への依存度低下による電力不足を火力発電で補ったことによる化石燃料の利用増加です。

 なお,電気のCO2排出係数を遡って2013年度の値に固定した場合,温室効果ガス排出量は基準年度(約906万トン)に比べて12.6%減少し,基準年度以降で最も少なくなります。

 

2013(平成25)年度の温室効果ガス排出量算定結果

年度

基準年度

1990年度

前年度

2012年度

報告年度

2013年度

増減

基準年度比

前年度比

温室効果ガス総排出量

(万トン-CO2)

783.3

799.5

791.6

+8.3

(+1.1%)

▲7.9

(▲1.0%)

電気のCO2排出係数

(kg-CO2/kWh)

0.353

0.514

0.522

+47.9%

+1.6%

 


図 京都市域の温室効果ガス排出量の推移

広報発表資料

 本市におきましては,「京都市エネルギー政策推進のための戦略」(平成25年12月策定)に掲げる「原子力発電に依存しない持続可能なエネルギー社会」の実現と,低炭素社会構築の両立に向け,引き続き,市民,事業者の皆様との協働のもと,「環境先進都市・京都」として,徹底した省エネルギーによるエネルギー消費量の削減及び再生可能エネルギーの飛躍的な普及拡大,温室効果ガス排出量削減に寄与する環境・エネルギー関連産業の振興等に努めてまいります。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286