現在位置:

【広報資料】NOレジ袋&食品ロスゼロキャンペーンの実施について

ページ番号187684

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年8月26日

広報資料

平成27年8月26日

環境政策局(ごみ減量推進課 電話213‐4930)

NOレジ袋&食品ロスゼロキャンペーンの実施について

 京都市では,ピーク時(平成12年度)からの「ごみ半減」39万トンに向け,ごみになるものを作らない・買わない「リデュース(Reduce)」,再使用する「リユース(Reuse)」のいわゆる「2R」と「分別・リサイクル」の促進に取り組んでいます。
 とりわけ,「2R」の促進につきましては,食べ残しや手付かず食品といった「食品ロス」の削減目標を全国で初めて設定するとともに,政令市初となる食品スーパーにおけるレジ袋有料化の市内全店舗への拡大実施を推進しています。
 この度,市内の食品スーパー※1の皆様に御賛同いただき,ごみ半減をめざす「しまつのこころ条例」※2の施行日(本年10月1日)にあわせて,一斉にレジ袋の有料化が実施される運びとなりました。そこで,レジ袋や食品ロスの削減について,市民の皆様に実践していただけるよう「NOレジ袋&食品ロスゼロキャンペーン」を実施しますので,お知らせします。
※1 大型食品スーパーやチェーン展開している食品スーパーで市内の各店舗の面積(単独又は合計面積)が1,000㎡以上の事業者
※2 京都市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の愛称

1 概要

 本年10月から,新たにレジ袋有料化を実施する次の食品スーパーの店舗において,「レジ袋と食品ロスの削減」に関連するクイズに参加していただいた方を対象に,その場でエコな景品が当たる抽選会を行います。
 また,ごみ減量キャラクターの「こごみちゃん」※3が「生ごみ3キリ運動」※4をPRするほか,「生ごみ3キリ運動」啓発ソング及び啓発アニメ動画を上映します。
※3 会場の都合等により,キャラクターが登場しない場合もあります。御了承ください。
※4 食材を使い切る「使いキリ」,食べ残しをしない「食べキリ」,ごみとして出す前に水を切る「水キリ」,これら3つの「キリ」を推進する運動

2 日時・会場(各会場約2時間)

景品がなくなり次第,終了する場合があります。御了承ください。


会場・日時

3 景品

 クイズ参加者には,その場で抽選を行い,以下の景品が当たりますが,景品は数に限りがありますので御了承ください。

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。