平成25年度第4回地球温暖化対策推進委員会

ページ番号157791

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年11月8日

平成25年度第4回地球温暖化対策推進委員会について

環境政策局(地球温暖化対策室 電話222-4555)

開催概要

京都市環境審議会 平成25年第4回地球温暖化対策推進員会の開催について

京都市では,「京都議定書」誕生の地として,持続可能な低炭素社会の実現に向け,「京都市地球温暖化対策条例」及び,同条例に基づき策定した「京都市地球温暖化対策計画<2011~2020>」を推進しています。

この度,この条例・計画の見直し等を行うため,平成25年度第4回地球温暖化対策推進委員会を下記のとおり開催しました

1 日時:平成25年11月8日(金曜日)午前10時~午前12時
 (開場:午前9時40分)

2 場所:ホテル本能寺5階 雁(かりがね)1・2会議室
 (京都市中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522 電話:075-231-3123)

3 委員構成:学識経験者等の16名で構成

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

議題

平成25年度第4回地球温暖化対策推進委員会の議題です。以下を予定しております。 

 ⑴ 平成24年度地球温暖化対策計画進捗状況について

 ⑵ 京都市地球温暖化対策計画の見直し等について

議事要旨

第4回地球温暖化対策推進委員会 意見概要

「平成24年度地球温暖化対策計画進捗状況」及び「京都市地球温暖化対策計画の見直し等」について審議しました。

 

「平成24年度地球温暖化対策計画進捗状況」について

○ 着手前など進捗していない取組について,地球温暖化対策室で直接実施していない取組も含めて,温室効果ガスの削減効果が上がっていくよう検討が必要
○ 市の取組に対する市民・事業者の対応や意識変化などを把握し,取組の充実につなげることが必要
○ 結果が重要。どの取組にいくらの費用をかければいくら減るのか。費用対効果の検証が必要

といった議論がありました。

 

「京都市地球温暖化対策計画の見直し等」について

<論点1 温室効果ガス排出量削減目標>
○ 震災以前に比べて原発の稼働状況が大きく変わっており,電気の排出係数が大きく変動している。しかし,今後,原発への依存度が低下することが想定され中,短期的な電気の排出係数の変動にとらわれず,中長期的な視点を持って取り組むことも必要。

<論点2 削減効果指標による施策の進捗管理>
○ 家庭部門の指標として,交通行動に係る省エネに関する指標を設け,どのような行動が,どのような効果があるのか実感してもらうことが必要

<論点3 再生可能エネルギーなど自立分散型エネルギーの普及促進>
○ 太陽光発電設備の目標を達成するために,京都市,京都府,京都商工会議所,京都府電気商業組合等のオール京都体制で取り組んでいきたい。
○ 再生可能エネルギーの目標を達成していく上で,太陽光は非常に重要である。国の補助が終了となるが,京都市においては補助を継続していただきたい。
○ 太陽光発電事業は,FITにより既にビジネスとして成り立つ環境が整っており,今後大きく普及していくと考えられる。一方,非常にエネルギー効率が良い太陽熱利用は,行政による支援がなければ大きな普及が見込めないので,積極的な普及促進対策が必要
○ 特定建築物への再生可能エネルギー導入義務制度の強化が必要
○ 京都市域における総エネルギー消費量に対する再生可能エネルギーの割合を長期的視点のもと,どこまで伸ばしていくのかという観点も必要
○ 本日示された目標は,バイオマスエネルギーが減少(ごみの減量による,ごみ発電の減少)している状況下においても,「現行の京都市地球温暖化対策計画に掲げた目標を下方修正せず,現行以上の積極的数値を目指して取り組む」という再生可能エネルギーの普及拡大に向けた京都市の強い姿勢と受け止め,積極的に評価したい。

<論点4 省エネルギー推進対策の強化> 
○ HEMSの省エネ効果は非常に高いと実感している。行政の推奨は,普及促進のために大変意義があるため,府市協調による普及促進支援が必要
○ 住宅の断熱化や照明のLED化は省エネ効果が大きく,また光熱費のカットにもつながるが,こうしたメリットが認知されていない。認知を得るためには,パンフレット等を配布するだけではなく,省エネ・節電アドバイザーを育成し,各家庭に派遣するなど,双方向のコミュニケーションが必要
○ 住宅の断熱改修は,省エネ効果が大きいが,見えにくい。しかし,省エネだけでなく,例えば脳卒中やヒートショックの低減につながり,健康の増進や医療費の節約をもたらす効果もある。こうした効果も含めて取組のメリットを啓発することが必要
 
<論点6  環境教育の充実>
○ 子供向けの環境教育は,幼稚園など小さい頃から実施したほうが良い

といった議論がありました。


今後,事務局では,これらの議論を踏まえ,具体的対応策のさらなる充実を検討します。
次回の地球温暖化対策推進委員会では,この具体的対応策について再度審議を行います。

議事禄

議事録

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

配布資料

第4回地球温暖化対策推進委員会の配布資料です

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286