カラスネットの利用上の注意点等について

ページ番号152692

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年12月11日

カラスネットの利用上の注意点 

 市が収集するごみ集積場所では,カラスや風などによるごみの散乱被害防止のために,カラスネット(防鳥用ネット)を御利用いただいていることがあります。

 しかし,カラスネットの扱い方によっては,歩行者や自動車等の通行の妨げになり,場合によっては事故を引き起こす危険もありますので,次のことを守ってください。

  • カラスネットは,ごみと同じく,収集日の朝にごみ集積場所へお出しください。ごみに被せるときは,裾が広がりすぎないよう注意してください。
  • カラスネットは,ごみの収集が終わった後,通行の妨げとならないよう,また,紛失や盗難の被害に遭わないよう,できる限り速やかにごみ集積場所から片付けるようにしてください。

カラス等による被害を防止するために

カラス等による被害をなくすためには,カラスネットの利用だけではなく,市民の皆様の御協力が不可欠です。

収集時間を守りましょう

前夜からごみを出されると,犬や猫,カラスなどが袋を破り,ごみが散乱する原因となります。

生ごみを減らしましょう

買った食料品は使い切る,また,食べ残しをしないように心がけ,生ごみを減らす工夫をしてください。ごみの減量にもつながります。

お問い合わせ先

環境政策局 循環型社会推進部 まち美化推進課 TEL:075-213-4960