現在位置:

都市油田発掘プロジェクトについて

ページ番号120683

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年7月22日

都市油田発掘プロジェクト

都市油田発掘プロジェクト(都市域廃棄物からのバイオマス二段階原燃料化システム実証研究)

 「都市油田」発掘プロジェクトは「廃棄物からのバイオマスの回収とエタノール変換技術の開発」として,環境省の「環境研究総合推進費補助事業」(平成23年度~平成24年度)に採択され,熊本大学・日立造船・京都市の産学公の連携のもとで実証研究を開始し,ごみ1トンから約60リットル(純度99.5%以上)のバイオエタノール製造に成功しました。
 その後,処理規模のスケールアップやエタノール製造後の残渣からバイオガスを回収するプロセスを組み合わせた「都市域廃棄物からのバイオマス二段階原燃料化システム実証研究」として,環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」(平成25年度~平成26年度)に採択され,引き続き,実証研究に取り組みました。 
 平成27年度以降についても,エタノールへの変換効率の改良や酵素・酵母菌の再利用等,実用化に向けた実証研究を継続しています。

プラント写真

実証事業の概要

 本技術は,京都市内で発生する一般廃棄物中の生ごみや紙ごみ等のバイオマスから,化石燃料代替となるエタノールに加え,メタンを製造するものです。
 本技術により,カーボンニュートラルな液体燃料と気体燃料を製造するとともに,バイオマスが保有するエネルギーを最大限に回収することが可能となります。また,従来発電等に利用できなかった低温の廃熱をバイオエタノールおよびバイオガスの製造に活用します。
 廃棄物の持つエネルギーを徹底的に利用するとともに,資源が乏しい日本において,国内各地域で燃料を製造することが可能な技術です。
都市域廃棄物からのバイオマス二段階原燃料化システム
都市域廃棄物からのバイオマス二段階原燃料化システム

都市油田発掘プロジェクトのパンフレット

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局地球温暖化対策室

電話:075-222-4555

ファックス:075-211-9286