現在位置:

リユース食器普及に向けた「お試しキャラバン」について

ページ番号113467

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年4月17日


リユース食器普及に向けた「お試しキャラバン」について

1.そもそも,イベントでの環境負荷って?

 地域の伝統行事や企業・行政が企画するさまざまなイベントは,まちに活気をもたらす大切なものです。特に京都は観光のまち・学生のまちであり,日本三大祭の一つである祇園祭をはじめ,観光行事や学園祭など年間1万件に上るイベントが開催されています。

 しかし,多くの人が集まるイベントは,エネルギーや資源の大量消費やごみの大量発生など,環境に大きな負担をかけてしまうこともまた事実であり,地球温暖化など環境問題の原因の一つになっています。

2.そこで,「お試しキャラバン」をはじめました

 さまざまなイベントから出るごみの中身を調べると,屋台や飲食ブースから出る紙コップや紙皿の使い捨て容器が大半を占めています。使い捨て容器の削減には,洗って何度も繰り返し使うことのできる「リユース食器」を導入することが特に効果的です。

 そこで,京都市では,イベント会場にリユース食器を持ち込み,実際に来場者や出店者に使ってもらう「お試しキャラバン」を展開し,受け入れイベントで,来場者をはじめ市民の皆さんにリユース食器の効果や魅力をPRしています。


3.「お試しキャラバン」の受け入れイベントを紹介します

 これまでに「お試しキャラバン」を実施されたイベントの紹介です。

 

<平成24年度>

1.祇園祭「エコ屋台」

〇日時:平成24年7月14日(土曜日),15日(日曜日),16日(月曜日・祝日)

〇会場:宮井株式会社 京都本社前(中京区室町六角下る東側)

〇主催:京都市

〇特別協力:宮井株式会社

 

祇園祭「エコ屋台」とは

 お祭りやイベントから出るごみをもっと減らすことができるという可能性を示すため,日本三大祭の一つである「祇園祭」宵山の3日間に,「リユース食器」や「バイオマス燃料」を使うモデル店舗“エコ屋台”を出店しました。


◇ エコ屋台の内容

〔提供メニュー〕

京野菜と京地鶏のバーベキュー 500円(保証金100円を含む。)

 

≪特徴1≫ 「リユース食器」を使っての飲食物の提供

 使い捨て容器ではなく,洗うことで繰り返し使える「リユース食器」を使って,地産地消メニューを提供しました。また,祇園祭の宵山では初めて,食器返却時に保証金を返すデポジット制を導入しました。
 お客様へ食器の返却を積極的に呼びかけた結果,食器返却率96%を確保!

≪特徴2≫間伐材の活用

 右京区京北の間伐材炭を調理する際の燃料として使いました。

≪特徴3≫バイオディーゼル燃料の活用

 使用済てんぷら油から製造したバイオディーゼル燃料を,屋台の照明用の発電機の燃料として使用しました。

 


エコ屋台で出たごみ

 

 その他,市民や観光客のイベントのエコ化の意識を喚起するため,「ペットボトル等のごみを持ち帰ることで,ごみの少ない,美しい祇園祭にしよう」というメッセージを発信するポスターを区役所などで掲示しました。

祇園祭のエコ化ポスター

 

2. 京都特B級ご当地グルメフェスティバル in 嵐山

〇日時:平成24年8月4日(土曜日),5日(日曜日)

〇会場:嵐山 中ノ島公園

〇主催:京都特B級ご当地グルメフェスティバル実行委員会

 

「京都特B級ご当地グルメフェスティバル in 嵐山」とは

 夏の観光イベント「京の七夕」に合わせ,京都の飲食店やB1グランプリ出場団体など,約40店舗が風光明媚な嵯峨嵐山で出店しました。嵐山でのB級グルメフェスティバルの開催は,今回が初めてです。




3. 京都岡崎レッドカーペット

〇日時:平成24年9月22日(土曜日・祝日),23日(日曜日)

〇会場:平安神宮前 神宮道(冷泉通~二条通間)及び沿道一帯

〇主催:京都岡崎魅力づくり推進協議会

 

「京都岡崎レッドカーペット」とは

岡崎地域のシンボルストリート「神宮道」と沿道一帯に,歩いて楽しい賑わいと憩いの空間を創出イベントです。

「お試しキャラバン」を実施するグルメゾーンでは,京都らしいグルメ店が集まる「京の名店屋台」,17カ国から約30種が揃う「世界のビールフェア」,公園・緑の中での憩いの空間「オープンカフェ」等を楽しむことができました。




 

<平成23年度>

1.京都特B級グルメフェスティバル

〇日時:平成23年11月5日(土曜日),11月6日(日曜日)

〇会場:岡崎都市公園

〇主催:京都特B級グルメフェスティバル実行委員会

「京都特B級グルメフェスティバル」とは

 単なる安価な食ではなく,京都の食材を使用したメニュー,多くの庶民に愛されてきた味を,「京都の特別なB級グルメ=特B級グルメ」と位置付けて開催されるイベントで,京都で初めて開催されました。


 

2.京都市中央卸売市場第一市場「鍋まつり」

日時:平成23年11月23日(水曜日・祝) 午前11時~午後2時

会場:京都市中央卸売市場第一市場

主催:京都市中央卸売市場協会,京都市


4.「お試しキャラバン」の様子

 受け入れイベントでは,単にリユース食器を使うだけでなく様々な工夫を凝らし,リユース食器の魅力をPRしています。

 

パネルの設置

 まだまだ知られていない「リユース食器」とはどのようなものなのか,環境負荷はどのぐらい小さくなるのかなどを,パネルで分かりやすく紹介しました。


 

リーフレットの配布

パネルの内容をコンパクトなサイズにまとめたリーフレットを配布しました。

リーフレット「リユース食器~リユース食器を使ってごみ減量!~」はこちらです。


 

 使い捨て食器削減数の「見える化」

 食器返却所やお試しキャラバンブース内に食器使用枚数のパネルを掲示し,どれだけ「ごみ」を減らすことができたか,来場者が体感できるようにしました。


アンケート&抽選会

 アンケートに答えてくださった来場者の方を対象に,マイボトルをはじめ,さまざまな景品が当たる抽選会も行いました。



5.「お試しキャラバン」の効果は?

 それぞれのイベントで,これだけのごみ削減効果を生み出すことができました。

 

<平成24年度>



 

<平成23年度>


 

 来場者の方からも,「環境によい取組で素晴らしいと思う」「軽くて丈夫で使いやすい」など好評価をいただきました。リユース食器導入の取組に賛同してくださった主催者の皆さま,協力いただいた来場者の皆さま,本当にありがとうございました。

お問い合わせ先

環境政策局 循環型社会推進部 ごみ減量推進課
(電話 075-213-4930)