現在位置:

平成13年度ダイオキシン類測定結果

ページ番号57720

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2015年10月22日

平成13年度クリーンセンターダイオキシン類測定結果

 

排ガス(ng-TEQ/m3N)

施設名南部第一南部第二東北部西部東部
1号炉0.450.0950.0000140.240.56
2号炉0.370.990.0000130.290.67
3号炉***0.45******0.021

  

ばいじん(ng-TEQ/g)

施設名南部第一南部第二東北部西部東部
濃度0.270.0440.0520.0620.02

  

焼却灰(ng-TEQ/g)

施設名南部第一南部第二東北部西部東部
濃度0.410.00940.00910.00290.014

  

放流水(pg-TEQ/リットル)

施設名南部東北部西部東部
濃度1.30.0213.73.4
 単位の説明
  ng(ナノグラム) : 十億分の一グラム。
  pg(ピコグラム) : 一兆分の一グラム。
  TEQ : ダイオキシン類は各異性体(全二百数十種類)の毒性が異なるため,2,3,7,8-四塩化
      ジベンゾ-パラ-ジオキシンの毒性に換算して合計した毒性等量(TEQ)により表す。
  m3N : 温度が0℃で,1気圧の標準状態に換算したガス容積を表す単位。

お問い合わせ先

京都市 環境政策局適正処理施設部施設整備課

電話:075-212-8500

ファックス:075-212-8504