施設概要

ページ番号29195

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年11月24日

南部CC第1

南部クリーンセンター第1工場外観
南部クリーンセンター第1工場概要
 名称 京都市南部クリーンセンター第1工場
 所在地 京都市伏見区横大路八反田29
 敷地面積 25,832㎡
 建築面積 9,893㎡
 竣工 昭和61年6月3日
 焼却能力

 600t/日(300t/24h×2基)

JFEキルン付ハイパー火格子ごみ焼却炉

 火床面積 67.8㎡×2基
 ボイラー形式 自然循環式コーナーチューブボイラー
 発電能力

 8,800kW(最大)

抽気復水蒸気タービン方式

 余熱利用 発電,所内給湯・暖房,体育館
 排ガス処理方式 急冷塔,ろ過式集じん器,ガス洗浄塔,触媒脱硝
 排水処理方式 凝集沈殿,ろ過,吸着
 煙突高さ 100m

南部クリーンセンター第1工場施設概要

大気汚染の防止
公害防止関係法令の基準値をさらに下回るように,自主規制を行っています。排ガス中のばいじんはろ過式集じん器で除去し,塩化水素や硫黄酸化物等は湿式の排ガス洗浄装置,窒素酸化物等は触媒脱硝装置により除去しています。


ダイオキシン類対策等
排ガス中のダイオキシン類削減対策として,燃焼設備の改善,ガス急冷塔・ろ過式集じん器の設置および活性炭の吹き込みを行っています。また,ばいじん中のダイオキシン類は飛灰加熱脱塩素化装置で分解処理を行っています。


余熱の有効利用
蒸気タービン発電機により,最大8,800kWの発電を行います。発電した電気は当工場だけでなく南部クリーンセンター内の関連施設や余熱利用体育館施設へ送電するほか,余剰電力は電力会社へ売電しています。


運転管理の効率化
最新の自動燃焼制御装置(ACC)および分散型計装制御装置(DCS)の導入により,中央制御室での高度な集中操作監視並びに運転データの集中管理が容易にでき,操作性の向上が図られ,工場での運転が適切かつ安全に維持できます。

 

フロー図

関連コンテンツ

施設概要

お問い合わせ先

南部クリーンセンター
 電話: 075-611-5362 ファックス: 075-612-5235