上京区の史蹟百選/聖アグネス教会聖堂

ページ番号12561

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2008年10月21日

Dエリア
聖アグネス教会 聖堂
聖アグネス教会 聖堂

 烏丸通にひときわ目立つ重厚な煉瓦造の建物が,日本聖公会の聖アグネス教会聖堂です。明治28年に大阪から移ってきた平安女学院が,その礼拝堂として建築しました。アメリカ人T・M・ガーディナーの設計により明治31年に献堂式が行われています。
 三廊式バジリカ型の聖堂で,八角平面の洗礼室,司祭室,北東隅に三層の鐘塔から成り立っています。ガーディナーは立教大学校長として来日した建築家で長楽館など名建築を残しています。京都市指定有形文化財です。
 なお,背後には明治27年に建てられた煉瓦造の平安女学院明治館があります。

DATA
・烏丸通下立売下る 堀松町

関連コンテンツ

上京区の史蹟百選・誇りの木