スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

たばこの害普及啓発物品の貸出について

ページ番号235839

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年5月16日

たばこの害普及啓発物品の貸出について

 たばこの煙には,約5,300種類の化学物質が,その中には約70種類の発がん性物質が含まれています。

 たばこが健康に悪影響であることは周知の事実ですが,たばこをやめるのは簡単ではありません。

 京都市では,たばこの害について健康教室等を企画される企業や学校等に,たばこの害普及啓発物品の貸出を行っています。

 

1 貸出物品

(1)肺気腫モデル

   健康な肺と,肺気腫やがんに患っている肺を比較できる模型です。

   附属のポンプから空気を送り込むと,肺気腫の肺は健康なものに比べて肺の伸縮が悪いことが分かります。

 

(2)喫煙による病気モデル

  喫煙によって引き起こされる,肺がん,心臓病,潰瘍,肺気腫などのモデルです。

 

(3)タール瓶

  1日に平均20本たばこを吸う人の肺に蓄積される1年間のタール(模造品)を瓶詰めした模型です。

 

(4)たばこ型バルーン

     

たばこの害普及啓発物品

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2 貸出方法

(1)空き状況を確認

(2)たばこの害普及啓発物品貸出申込書を提出

(3)物品の貸出

  ※ すでに他の事業所等が使用されている際は,貸出できないことがありますので御了承ください。

  ※ 物品の貸出期間は健康教室等実施日を含め,最長1週間とします。

(4)物品の返却及び事業終了報告書の提出

  ※ 返却前には,必ず破損等がないか御確認ください。

必要書類

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

貸出にあたっての注意事項

◯ 貸出は無料です。

◯ 申請の目的以外の使用はできません。また,申込者以外への譲渡もしくは転貸は禁止します。

◯ 申込者は,物品の維持管理について,天災その他不可抗力によるものを除く他,一切の責任をお持ちいただきます。

  不可抗力や物品の劣化等により破損を確認した際には,すぐに御連絡ください。

◯ 物品の運搬は,申込者で行っていただきます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室健康長寿企画課健康長寿のまち・京都推進担当
電話:075-222-3419
FAX:075-222-3416
メールアドレス:kenkochojukikaku@city.kyoto.lg.jp
住所:〒601-8101
   京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65京都朝日ビル4階

フッターナビゲーション