スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

受動喫煙を防止しましょう

ページ番号234051

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年3月19日

たばこの煙の有害物質は,たばこを吸う人が吸いこむ煙ではなく,周りに流れる煙に,より多く含まれています。

受動喫煙を受けている人は,病気になるリスクが高くなります。また,少なくとも年間1万5千人(交通事故の約4倍)が受動喫煙を受けなければ,がん等で死亡せずにすんだと推計されています。

受動喫煙の害を防ぐため,たばこを吸わない人の前ではたばこを吸わないようにしましょう。

受動喫煙防止普及啓発資材

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室健康長寿企画課

電話:075-222-3411

ファックス:075-222-3416

フッターナビゲーション