ヒアリについて

ページ番号222995

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月11日

ヒアリについて

 ヒアリは南米中部原産のアリで,「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」において生態系,人の生命・身体,農林水産業に係る被害を及ぼし,又は及ぼすおそれがあるものとして「特定外来生物」に指定されています。

(1) 特徴

ヒアリ(環境省HPより)

ヒアリ

 大きさ:2.5mm~6.0mm

 色:赤茶色

 ドーム状のアリ塚を作ります。(日本の在来種でアリ塚を作るアリはいません。)

 攻撃性が高く,刺激するとお尻の毒針で刺します。刺されると,痛みやかゆみ,発熱,じんましん,動悸等の症状が現れます。また,アレルギーによるショック症状(呼吸困難や意識障害など)が引き起こされることもあります。

 在来のアリを駆逐する性質があり,日本の生態系に大きな影響を及ぼす可能性があります。

(2) 駆除方法

 素手で触らず,熱湯や市販の殺虫スプレーなどで駆除してください。

 生息域を広げないためにも,ヒアリを発見した時は,その場で駆除してください。また,生きたまま持ち運ぶことは,法律で規制されています。

(3) 刺されたら

 ・ ヒアリの毒への反応は個人差があります。

 ・ 刺されたときは,20~30分程度安静にし,体調の変化に注意しましょう。

 ・ 息苦しさや激しい動悸など,急激な容態の変化が現れたら,救急車を呼ぶなどしてすぐ病院で受診してください。

《以下の資料を御参照ください》

<環境省ホームページ>

 ・ ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)

 https://www.env.go.jp/nature/intro/4document/files/r_fireant.pdf外部サイトへリンクします

 ・ ヒアリの簡易的な見分け方(暫定版)

 http://www.env.go.jp/press/files/jp/106316.pdf外部サイトへリンクします

 

<京都府ホームページ>

 ・ 特定外来生物「ヒアリ」について

 http://www.pref.kyoto.jp/shizen-kankyo/news/hiari.html外部サイトへリンクします

 ・ ヒアリ・アカカミアリの簡易チェックシート

 http://www.pref.kyoto.jp/hokanken/oyakudati_hiari.html外部サイトへリンクします

 

<京都市環境政策局>

 ・ 特定外来生物「ヒアリ」について

 http://www.city.kyoto.lg.jp/kankyo/page/0000222974.html

 

<兵庫県立 人と自然の博物館>

 ・ 兵庫県尼崎市および神戸市で見つかったヒアリについて(解説)

 http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/solenopsis2.html外部サイトへリンクします

 

 

 

問合せ先

 

【環境省 ヒアリ相談ダイヤル】

 環境省では,国民の皆様への正確な情報発信及び不安の解消のため,電話相談窓口を開設しました。

 ※ ヒアリ相談ダイヤル:0570-046-110 (一部機種では利用できません。その際は「06-7634-7300」まで)

 ※ 土日祝日を含む毎日 午前9時から午後5時まで(ただし12月29日~1月3日を除く)

 ※ 通話料は発信者の負担となります。

【京都市における問合せ先】

 ・ 特定外来生物(ヒアリ等)について・ヒアリの国内確認状況について

                 環境政策局環境企画部環境管理課(075-222-3951)

 ・ 危機管理について  行財政局防災危機管理室(075-212-6792)

 ・ アリ(ヒアリを含む)による健康被害について

                 保健福祉局医療衛生推進室医務衛生課(075-222-4272)

                 医療衛生センター 北東部担当(075-746-7211)

                             中部担当  (075-746-7212)

                             南東部担当(075-746-7213)

                              西部担当 (075-746-7214)

 

 

 

 

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 医務衛生課
電話:075-222-4272
ファックス:075-213-2997