現在位置:

出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律による在留資格「介護」の新設に係る特例措置について

ページ番号215153

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年2月21日

 標記の件について,厚生労働省より以下のとおり通知がありましたのでお知らせします。

【概要】

○ 平成28年11月に公布された「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律」において,介護福祉士の資格を有する外国人に対し,国内で介護福祉士として介護業務に従事することを可能とする在留資格「介護」が創設されました。

○ 平成29年4月から,法律施行日までの間に,上記在留資格「介護」に該当する活動をしようとする外国人から,上陸申請や在留資格変更許可申請があった場合には,特例措置を実施し介護福祉士として就労することを認めることとしたのでご承知おき下さい。

 

出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律による在留資格「介護」の新設に係る特例措置について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801