現在位置:

「平成29年度京都市国民健康保険事業運営計画」の策定について

ページ番号210037

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年9月19日

「平成29年度京都市国民健康保険事業運営計画」の策定について

 この度,京都市では,被保険者代表,保険医等代表,公益代表,被用者保険代表で構成される京都市国民健康保険運営協議会(平成29年8月29日開催)における議論を受けて,「平成29年度京都市国民健康保険事業運営計画」を下記のとおり策定しましたので,お知らせします。

1 計画策定の趣旨

 被保険者の皆さまに将来にわたって必要な医療を享受いただけるよう,京都市国民健康保険の置かれた現状と課題を確認するとともに,「健康長寿のまち・京都」の取組とも連携しつつ,医療費の適正化や確実な財源の確保など収支改善に向けて取り組むべき各種方策について掲載し,着実な推進につなげることで,本市国保の運営安定化を図るために策定するものです。

2 国民健康保険事業の現状と問題点

(1)国民健康保険制度の構造的な問題

  • 低所得者の加入割合が高い。
  • 高齢者の加入割合が高い。
  • 医療費や保険料に大きな地域格差がある。

(2)本市国民健康保険における医療費等の状況

  • 本市国保の1人当たり医療費は,全国平均を2.2%上回っており,前期高齢者 (65歳~74歳)のみで比較すると,全国平均を11.7%上回っている。
  • 人口10万人当たり病院数,病床数が政令指定都市比較でも上位にあり,医療を受けやすい状況にある。
  • 国民健康保険料の減額の適用を受けている世帯は78.9%(平成28年度)であり,政令指定都市で最も高い割合となっている。

3 平成29年度における具体的な取組計画

(1)収入面の取組(財源確保の取組)

  • 国民健康保険料の適正な賦課徴収
  • 徴収率向上対策
  • 国・府補助金等の確保

(2)支出面の取組(医療費適正化の取組)

  • 「健康長寿のまち・京都」の取組
  • 特定健診,特定保健指導,各種保健事業
  • 後発医薬品(ジェネリック医薬品)の普及啓発,レセプト点検等

(3)国保制度の改正と国への要望

  • 国保制度の構造的問題及び他の医療保険制度との負担の格差を解消するため,「医療保険制度の一本化」を要望
  • 一本化が実現するまでの間,国保への財政措置の拡充を図るよう要望

平成29年度京都市国民健康保険事業運営計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局生活福祉部保険年金課

〒604-8091 京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町500‐1 中信御池ビル4階

電話:075-213-5861

ファックス:075-213-5857