B型肝炎予防接種について

ページ番号202989

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月1日

B型肝炎予防接種について(平成28年10月1日開始)

平成28年6月22日,予防接種法に係る政省令が改正されたことを受け,平成28年10月1日から,定期の予防接種として新たにB型肝炎ワクチン予防接種を開始しております。

対象者

生後1歳に至るまでの間(1歳の誕生日の前日まで)にある方。

※母子感染予防のため,健康保険の給付によるB型肝炎ワクチンの投与を受けた方は,定期予防接種の対象となりません。

接種回数

計3回接種(27日以上の間隔をおいて2回,1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回)

※平成28年10月1日より前に,任意接種(全額自己負担)で受けた予防接種も上記の接種回数としてカウントしますので,不足回数分のみ接種してください。

標準的な接種期間

生後2か月に至った時から生後9か月に至るまでの期間。

費用

無料

※平成28年10月1日より前に,任意接種(全額自己負担)で予防接種を受けた場合,接種費用の償還払い等による返金はできません。また,1歳の誕生日以降に受けた予防接種については,無料になりません。(定期予防接種の対象となりません。)

接種場所

京都市予防接種協力医療機関で実施します。(詳細はコチラ

B型肝炎とは

 B型肝炎ウイルス(以下HBV)が血液・体液を介して感染して起きる肝臓の病気です。HBVは感染した時期,健康状態によって,一過性の感染とキャリア(ウイルスが排除されず体内に留まり続ける状態)となるものに大別されます。なお,思春期以降にHBVに感染すると,多くの場合一過性の感染となりますが,免疫機能の未熟な乳幼児が感染すると,キャリアになりやすく,将来,肝硬変や肝がんになるリスクにつながると考えられています。

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 健康安全課(京都市保健所)
電話:075-222-4421
ファックス:075-222-3416