現在位置:

平成29年度の保険料を試算してみましょう。

ページ番号196459

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月11日

保険料を試算してみましょう(計算方法)

1 下のエクセルデータ「保険料簡易計算表」をダウンロードしてください。
2 ダウンロードした「保険料簡易計算表」に,世帯人数(加入者の数),加入者それぞれの総所得金額等及び年齢を入力することにより,おおよその国民健康保険料を試算することができます。
※試算結果については,実際の保険料額と異なる場合があります。
※実際の保険料額については,6月中旬にお送りする「国民健康保険納入通知書」でお知らせします。

総所得金額等とは

 総所得金額等とは,地方税法上の総所得金額(収入金額から必要経費を引いた額。社会保険料控除などの各種所得控除前。)のほか,山林所得,土地・建物の譲渡所得(特別控除後),確定申告又は住民税申告をした株式譲渡所得,配当所得など(退職所得は除く。)を合算したものを言います(詳細はこちら)。

 (例)

  • 事業所得・・・事業収入金額-必要経費
  • 給与所得・・・給与支払額-給与所得控除
  • 年金所得・・・支払年金額-公的年金等控除

 なお,給与所得及び年金所得は,下記のエクセルファイル「給与・年金所得簡易計算表」で計算することができます。

「保険料簡易計算表」の注意事項

 この保険料簡易計算表で試算された保険料については,「平等割の軽減措置」等※は反映されておりませんので,試算結果が,実際の保険料額と異なる場合があります。

 ※「平等割の軽減措置」等

  • 「平等割の軽減措置」
  • 「後期高齢者医療移行に伴う特例措置」
  • 「旧被扶養者の保険料の減免(経過措置)」

 また,次のような場合は,法定減額の判定が正しく行われないことがあります。

  • 事業所得の方で専従者控除がある場合
  • 専従者給与を受けている場合
  • 公的年金収入の方で昭和27年1月1日以前生まれの場合
  • 土地・建物等の譲渡所得で,譲渡所得に係る特別控除がある場合

 正しい法定減額の判定及び保険料については,下記のお問い合わせ先又は住所地の区役所・支所保険年金課(京北地域の方は京北出張所)までお問い合わせください。


このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局生活福祉部保険年金課

〒604-8091 京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町500‐1 中信御池ビル4階

電話:075-213-5861

ファックス:075-213-5857