【変更届】変更届の提出方法が郵送受付に変わります。

ページ番号192936

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年2月10日

 平成28年2月1日より,変更届の提出方法がこれまでの持参受付から郵送受付に変わります。また,様式の添付書類等も見直し,簡略化を図りました。

1 見直した内容

 変更届の提出方法,様式及び添付書類について,次のとおり見直しました。

(1)提出方法を,郵送(当日消印有効)に変更します。

 これまでの持参受付から郵送受付に変更することにより,提出に係る負担軽減を図りました。

 受付確認が必要な場合は,指定内容変更届出書の写しと返信用封筒(郵便番号,住所,事業所名を記載し切手を貼ったもの)を同封してください。後日,受付印を押印し,返送します。

 

(2)届出書の様式を変更し,添付書類を削減しました。

 事業者の皆様がより分かりやすく,かつ提出間違い等が起こらないように様式の変更及び添付書類を見直し,簡略化を図りました。

 詳しくは,変更届のホームページ(【変更届】介護保険サービス事業者変更届出書)の「1 変更届の提出について」を確認してください。また,今後はホームページに掲載している新しい様式(参考様式)を使用し,添付漏れのないよう提出してください。

 

(3)届出必要項目一覧を見やすくしました。

 該当するサービス種別と変更したい項目が交わる箇所の〇や△をクリックすると,提出すべき様式や記入例にリンクするよう変更しました。

 詳しくは,変更届のホームページ(【変更届】介護保険サービス事業者変更届出書)の「1 変更届の提出について」を確認してください。

 

 (注1)事業所を移転する場合や,定員を増やす場合は,事前協議が必要です。詳しくは,変更届のホームページ(【変更届】介護保険サービス事業者変更届出書)の「4 事業所の移転及び利用定員を増やす場合」を参照してください。

 (注2)加算の取得については,持参受付のみとします。詳しくは,加算届のホームページ(【加算】介護給付費算定に係る体制等に関する届出(加算・減算届)について)を参照してください。

 

2 受付開始日

 平成28年2月1日以降の変更分から実施します。

 

3 変更届に関するQ&A

 変更届に関して,よくある問合せについて掲載していますので,参考にしてください。

変更届に関するQ&A

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

 

 

4 2月以降の添付書類の見直しについて

 1(2)で,必要な添付書類を削減することとしましたが,次のように,添付不要とした書類が同封されている事例が見受けられますので,ご注意ください。

【事例1】管理者の変更届に,経歴書,資格証(写),誓約書以外に,「勤務形態一覧表」が同封されていました。

【説明1】今回の見直しで,「勤務形態一覧表」の添付は不要となりました。

 

【事例2】サービス提供責任者の変更届に,経歴書,資格証(写)以外に,「勤務形態一覧表」が同封されていました。

【説明2】今回の見直しで,「勤務形態一覧表」の添付は不要となりました。ただし,変更前後のサービス提供責任者全員の氏名を「指定内容変更届出書」に記載するようにしてください。

 

【事例3】運営規程(従業員の職種,員数等,定員以外)の変更届に,「運営規程の全文」が同封されていました。

【説明3】今回の見直しで,「運営規程の全文」の添付は不要となりました。ただし,変更した箇所が分かるように,変更前後の内容を「指定内容変更届出書」に正確に記載するようにしてください(記入欄が足りない場合は,別紙で新旧対照表を添付してください)。

 

【事例4】介護支援専門員の変更届に,資格証(写)以外に,「介護支援専門員一覧表」が同封されていました。

【説明4】今回の見直しで,「介護支援専門員一覧表」の添付は不要となりました。ただし,変更前後の介護支援専門員全員の氏名を「指定内容変更届出書」に記載するようにしてください。

 

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801