現在位置:

京都動物愛護フェスティバル,大盛況でした!

ページ番号173092

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年10月6日

様子をご報告しますね!

平成26年9月21日に,京都市中京区の新風館を会場に「京都動物愛護フェスティバル Kyoto Ani-Love Festival」を開催しました!

しばらく涼しい日が続いており,天気予報では雨も心配されていましたが,当日は本当にきれいな青空が広がり,ちょっと暑いくらいの陽気でした。お出かけ日和となったこの日は,開始時間前から終了まで,人が途絶えることなく,昨年を大きく上回る大勢の方に来ていただきました!飼い主さんと一緒に,ワンコもたくさん来てくれましたよ!

京ちゃん,都ちゃん

「動物愛ランド・京都」マスコットキャラクター
京ちゃん・都ちゃん

こちらが,家庭動物相談所のブース!

家庭動物相談所のご紹介,犬猫の悲しい現実,譲渡制度について,譲渡候補犬猫のご紹介,譲渡した犬猫のその後の様子を後追い調査,お散歩の仕方などをたくさんの写真をまじえて展示しました。

展示物を作成するにあたり,過去に譲渡した犬猫たちの様子を見に,新しく飼い主さんになっていただいたお宅に何件か訪問させていただきました!譲渡した犬猫たちとの久しぶりに再会して,飼い主さんから楽しいエピソードを聞かせていただいたり,写真を撮らせていただいたりとご協力していただきました。どの犬猫もみんなすっかり飼い主さんの家族の一員となって,穏やかな顔つきになっていました。飼い主さんから大切にされて,幸せそうにくらしている様子をうかがうことができて,本当にうれしかったです。フェス当日も,何名かの飼い主さんが,展示を見に来てくださいました。ご協力本当にありがとうございました!

私どものブースにも,たくさんの方に来ていただきました。少しでも,犬猫の悲しい現実(収容,処分の現状について),譲渡制度のことなどを多くの方に知っていただけたかなと思います。

後追い調査や,いくつかの展示物は引き続き,家庭動物相談所内に展示しますので,見逃した方は是非見に来てください!

相談所のブース

頑張って作った展示を11枚のパネルに貼って並べました。

こんな雰囲気で展示しました。

こんな雰囲気です。

相談所の案内展示

「家庭動物相談所ってどんなとこ?」の展示です。

犬猫の悲しい現実

みなさんに一番知って考えて欲しいのは,こちら「犬猫の悲しい現実」。

他のブースの様子

新風館

会場の様子です。犬たちもマナー良く,飼い主さんと一緒にいろんなブースを見たり,他のお客さんと交流したり楽しんでいました。

ステージ

こちらのステージでは,杉本彩さん,IMALUさんをゲストに迎えたイベントもありました。長寿犬の表彰も行いましたよ。
ワーキングドッグの紹介もありました。

ブース

来年開所予定の新センター「動物愛ランド・京都」のボランティアスタッフさんのブースもありました。

写真コンクール

動物愛護写真コンクールの入賞作品が展示されていました。人とペットが一緒に写っているものです。そこにあるお互いへの愛情までが写されているようです。

ブログを見てフェスに参加された方もおられたのでしょうか?

これからも京都市主催の動物愛護関連イベントなどがあれば,こちらのホームページでご紹介していきますね!

どうぞ,これからも家庭動物相談所のホームページをチェックしてください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室京都動物愛護センター

電話:075-671-0336

ファックス:075-671-0338