現在位置:

社会福祉施設及び介護保険施設等における高病原性鳥インフルエンザ(H5亜型)が疑われる事例の発生について

ページ番号164994

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2014年4月18日

今般,農林水産省により,熊本県球磨郡の養鶏農場において高病原性鳥インフルエンザ(H5亜型)が疑われる事例が発生した旨の発表がありました。

各施設・事業所において,鳥インフルエンザ等が疑われる利用者及び従事者が見受けられた場合には,早急に医療機関を受診のうえ,保健センターならびに保健福祉局監査指導課にご報告ください。

なお,施設や利用者及び従事者の自宅で家きんを飼育している場合には,それらの家きんと野鳥が接触しないよう注意してください。

 

 

発生時の保健センター及び監査指導課への報告

インフルエンザを含む感染症の発生,またはそれが疑われる状況が生じたときは,原則として発生時及び終息時の2回,事業所が所在する行政区の保健センターに報告するとともに,介護保険サービス事業所については,保健福祉局保健福祉部監査指導課に報告してください。

 

 

参考

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801