現在位置:

悲しい現実から目をそらさずに

ページ番号158445

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年11月11日

こんにちは!

暑かった夏と初秋が過ぎ去り,ようやく秋も深まってまいりましたね。まもなく冬の足音も聞こえてくることでしょう。人もペットも寒さ対策の準備を始めましょう。

譲渡した猫

以前譲渡した猫さんです。
あったかいベッドをそろそろ用意してほしいニャ~

さて,いつも「相談所ブログ」では興味深いホームページを目指して,楽しい話題やちょっとしたペットとの生活のポイント,所内での取り組みなんかをご紹介しておりますが,今回は少し悲しい現実のお話をさせていただきたいと思います。

 

そんなかわいそうな話,聞きたくない,知りたくないと思われる方もおられるかと思います。

でも・・・

どうか目をそらさずに最後まで読んでいただきたいのです。

そしてこの悲しい現実を改善していくために,お力を貸してください。

知ってそして考えてほしいのです

ペットは最期まで飼うのが飼い主の責任です。

「動物の愛護及び管理に関する法律」にも「動物の所有者は,(略)当該動物がその命を終えるまで適切に飼養することに努めなければいけない。」と定められています。

しかし,飼い主が飼育を放棄し,引取りを依頼するケースが後を絶ちません。引取りました犬猫は,原則的に殺処分となります。(犬猫の引取りについて,詳しくはこちらをご覧ください。)ペットのその尊い命を犠牲にしてまで飼育放棄しなければならない理由はなんなのでしょうか。

下記の平成24年度京都市での数値をご覧ください。過去の数値についてはこちらをご参照ください。

平成24年度 犬の引取り頭数

迷子などの所有者不明犬の引取り  100頭

飼い主の飼育放棄による引取り  109頭

平成24年度 猫の引取り頭数

迷子など所有者不明猫の引取り  1250頭

飼い主の飼育放棄による引取り  173頭

平成24年度 返還,譲渡,殺処分または死亡頭数

犬: 返還 29頭, 譲渡 107頭, 殺処分または死亡 53頭

猫: 返還 2頭, 譲渡 55頭, 殺処分または死亡 1367頭

 

京都市でこれだけの数の犬猫が殺処分となっています。ご存知でしたか?

一見,ただの数字です。しかしこの数字のひとつひとつが尊い動物の命だったのです。

獣医師の職員が一頭ずつ注射による処分をしております。当然つらい気持ちでいっぱいになります。慣れることは決してありません。

飼い始めた時から飼育を放棄しようと,殺処分にしようと思って飼う人はいなかったはずです。どうして最期まで飼い主と一緒にいることができなかったのか,どうしようもなかったのか・・・考えずにはいられません。

飼い犬を飼育放棄した主な理由

飼い主の体調不良  34件

急な転居  26件

犬の高齢化・病気  23件

咬む等,犬の攻撃的性格  10件

経済的負担  9件

その他,鳴き声がうるさい,多忙,アレルギー等々

飼い猫を飼育放棄した主な理由

飼い主の体調不良・死亡  49件

計画外の繁殖  44件

経済的負担  15件

急な引っ越し  8件

猫の攻撃的性格  6件

その他,アレルギー,ペット不可の物件で飼っていることが露見した等々

どう思われましたか?

ほとんどは飼い主の身勝手な理由が多いように思います。

しかたない理由もあるかもしれないです。しかし,全ては飼い主の責任なのです。

 

 

どうすれば殺処分は減るのでしょうか?

飼育放棄をしないで最期まで飼う。

迷子にさせない。所有者明示(迷子札,マイクロチップなど),逸走防止策を万全にする。

飼い主のいない犬猫を増やさない。

シンプルにこの3点が重要です。

ペットを飼う前によく考えましょう

  • 家族みんな,アレルギーなどありませんか?ペットを飼うことに同意していますか?・・・お世話できる家族状況ですか?
  • ペットにも飼い主と同じ尊い命と心があります。快適に楽しく暮らせるように,毎日のお世話(ゴハン・水やり,おトイレの掃除,適切な運動や遊び,快適な寝床の準備,シャンプーブラッシング等々)ができますか?・・・人によっては楽ではありません。
  • 犬のしつけ,狂犬病予防注射と犬の登録や,猫の完全室内飼育なども人間社会の中で動物が暮らしていくには必要なことです。・・・ご近所にも迷惑かけないように飼い主として責任もって飼養できますか?
  • 人間にとって問題となる行動や癖がでてくるかもしれません。・・・専門家に相談する。しつけなどの対策に日々取り組むなど,飼養継続のための努力ができますか?
  • 犬も猫も,必ず首輪と迷子札を着けましょう。できたらマイクロチップを装着してください。・・・ペットの逸走防止対策はできますか?
  • ペットを飼うにはお金がかかります。毎日のゴハン,生活用品,予防注射や病気になれば治療費,トリミング代などなど。・・・経済的負担ができますか?
  • 数が増えすぎないように避妊・去勢手術を受けさせましょう。
  • 住居によってはペットを飼うことができないお家もあります。また,ペットの種類や体格によって飼うには適切でない環境もあります。・・・ちゃんと飼うことが適切である住環境ですか?
  • 小さな子犬,子猫も大きくなって,飼い主より早く年をとり病気になることや老後の介護が必要になることもあります。・・・犬は特にどのくらい大きくなるか把握していますか?ペットがおじいちゃんおばあちゃんになっても愛情いっぱいで,その命が終わるそのときを看取る覚悟ができますか?
  • 飼い主に万が一のことがあった場合,大切にしているペットはどうなりますか?・・・代わりにお世話してくれる方を探してお願いしておきましょう。

 

  • (ペットではありませんが)野良猫がかわいそうでエサをむやみにあげていませんか?避妊・去勢手術などもせずエサだけあげていると,繁殖の機会を与えて飼い主のいない猫が増えすぎてしまいます。ご近所でフンなどして猫を嫌われ者にしてしまっているかも・・・むやみに野良猫にエサやりをしていませんか?

 

最期まで適正に飼養できる人だけが,ペットを飼いましょう。だから,かわいいからと衝動買いをせず,よく考えて家族と話し合ってから新しい家族として迎えてください。

「自信がない・・・」「そんなこと考える必要ない!」なんて方は,初めからペットを飼わないという選択をするべきなのかもしれません。お友達のペットや動物ふれあい施設などで時々かわいがってみるのもいいと思いますよ。そんな選択だって,動物愛護だと思います。

 

みなさんにお願いしたいのは・・・

ペットを飼っている人,飼っていない人,動物が好きな人,嫌いな人,どちらでもない人,実はみんな動物愛護に無関係ではないのです。

知って考えて,そして行動しましょう!

相談所ブログを見てくださっている方には,きっと必要のない説教ですよね。

だからこそお願いがあります。

  • 周りでペットを飼おうか考えている方がいたら,こんなことをよく考えてから飼うように教えてあげてください。
  • 子ども達にも伝えてほしいのです。ペットや動物を大切にする姿を見せてあげてください。そうして学んでいきます。将来の動物愛護がより良いものに,広く浸透していくために。

ひとつでも多くのペットの命が,あたたかい家庭で飼い主さんの愛情に包まれて,いずれくる最期の時を迎えることができますように。

 

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室京都動物愛護センター

電話:075-671-0336

ファックス:075-671-0338