現在位置:

台風18号による被害を受けた家屋への消毒薬の提供及び噴霧器の貸出しについて

ページ番号155816

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年9月19日

台風18号による被害を受けた家屋への消毒薬の提供及び噴霧器の貸出しについて

 本市では台風18号により,浸水被害を受けた家屋へ,下記のとおり消毒薬の提供及び噴霧器の貸出しを行っています。

1 期間

 平成25年9月16日(月曜日)から当面の間

 (受付時間 午前8時30分から午後5時15分まで)

2 提供する消毒薬

 ベンザルコニウム塩化物液

3 貸出しする噴霧器

 手動式噴霧器

4 受付窓口

 浸水被害を受けた家屋のある行政区の保健センター衛生課(生活衛生担当)

 (各行政区の保健センター衛生課の連絡先はこちら

5 使用上の注意点

 ・消毒は汚泥等を洗い流した後に行ってください。(汚泥等が残っていると,消毒効果を発揮することができません。)

 ・使用の際は,100~200倍希釈して使用してください。

 ・噴霧器で噴霧する場合は,消毒薬が流れる程度に噴霧してください。

 ・消毒薬を噴霧した後は,風通しをよくしてそのまま乾燥させてください。

 ・使用の際は,製品のラベルをよく読んで,事故が起こらないように注意してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室医務衛生課

電話:(1)075-222-3433 (2)075-213-2983

ファックス:075-213-2997