スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生について

ページ番号147427

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年1月23日

 中国において鳥インフルエンザウイルスA(H7N9)に感染した患者が確認されたとWHO(世界保健機関)が発表しました。
 本件については,これまでのところヒトからヒトへの感染は確認されておりません。今後の情報に御注意ください。

市民の皆様へ

 国においては,中国の発生地域へ渡航される方に注意喚起を行うとともに,不用意な動物との接触を避けるよう呼びかけています。

 また,検疫所では,4月19日以降,中国からの帰国者に対し注意喚起カード(健康カード)を配布しています。中国からの帰国10日以内にインフルエンザ様の症状を呈される方は,医療衛生センターまで御連絡ください。

厚生労働省ホームページ

国立感染症研究所ホームページ

インフルエンザに関する相談

インフルエンザに関する御相談は医療衛生センターで受け付けております。

医療機関の皆様へ

鳥インフルエンザ(H7N9)が感染症法上の二類感染症に指定されました(平成27年1月21日施行)

鳥インフルエンザ(H7N9)の患者を診断した医師は,医療衛生センターに感染症法に基づく届出をお願いします。

【関連通知】

 

届出基準及び届出様式についてはこちら

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室健康安全課

電話:075-222-4245

ファックス:075-222-4062

フッターナビゲーション