スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成25年4月からの「障害者総合支援法」の施行に伴い,難病等の方が障害福祉サービスを利用できます

ページ番号146620

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年4月1日

平成25年4月からの「障害者総合支援法」の施行に伴い,難病等の方が障害福祉サービスを利用できます

 平成25年4月に施行された障害者総合支援法では,障害者の範囲に難病等の方々が新たに加わります。

 対象となる方々は,身体障害者手帳の所持の有無に関わらず,必要と認められた障害福祉サービス等(ホームヘルプサービス,補装具(意思伝達装置等),日常生活用具(たん吸引器等))の受給が可能となります。

 詳しくは,別紙チラシをご覧ください。

 なお,障害者総合支援法における対象疾患は,以下の対応表のとおりです。

(※旧事業である「難病患者等居宅生活支援事業(平成25年3月31日事業終了)」と対象疾患は同じですが,疾患名が異なっているものがあります。)

チラシ及び対象疾患名対応表

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局障害保健福祉推進室

電話:075-222-4161

ファックス:075-251-2940

フッターナビゲーション