現在位置:

電力需給ひっ迫警報及び非常用電源の取扱いについて

ページ番号124984

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年7月11日

 今夏の電力需給対策について,翌日の電力供給予備率が3%未満になると予想される場合においては,前日の18時段階において,政府から電力需給ひっ迫警報が発令されますので,別添の「今夏の計画停電に関するお願いについて」「計画停電を実施する場合の月間カレンダー及びグループ割りの確認方法等」を参照いただき,政府及び関西電力からの最新情報の入手に努めていただきますようお願い致します。 また,電力需給ひっ迫警報が発出された際には,下記のとおりワムネット外部サイトへリンクしますに掲載されますので,御承知おきくださいますようお願いします。 なお,下段ファイルのとおり,計画停電時に通電される医療機関につきまして,厚生労働省ホームページに掲載されておりますのでお知らせしますとともに,消防用設備等の非常用電源の活用につきまして,一定の条件のもと,一般負荷にも活用できる旨,消防庁ホームページに掲載されておりますので,条件に留意しつつ,消防機関とも相談のうえ,御対応いただきますようお願い致します。                  

                                        記

 <掲載内容> 厚生労働省から下段ファイルのとおり「関西電力管内において,明日〇月〇日(△)の〇:〇~〇:〇頃の電力需給は供給予備率が3%を下回り,〇%となる見通しであるため,関西電力管内に対し電力需給ひっ迫警報が発令された」旨,連絡がありましたのでお知らせします。つきましては,停電により,入所者等の健康状態や生活に支障を来すことのないよう自家発電装置の点検等に留意し,医療機関など関係機関とも連携していただくとともに,入所者等の健康管理に十分配慮し,無理のない範囲で節電に取り組まれますようお願いします。

 ※当該の掲載内容は案であり,若干修正が加えられることもあり得ます。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801