現在位置:

譲渡したワンちゃんと飼い主さんが,一緒に遊びに来てくださいました!

ページ番号120822

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年5月10日

平成23年の秋に譲渡したワンちゃんです。

 譲渡したキャバリア・キングチャールズスパニエルのココアくんと,先住犬であるゴールデン・レトリバーのクルミちゃんも一緒に遊びに来てくださいました!相談所に飼い主さんと入ってきたとき,クリクリのかわいい眼をみたらすぐに「あ!あの子だ!」とわかりました。

 飼い主さま,雨の中わざわざお越しいただいてありがとうございます!家庭動物相談所の玄関で,写真をパシャリ!!

ヒトが大好き~!でもママが一番好き!

譲渡したココア君(左)と先住犬のクルミちゃん(右)

譲渡後の様子をお聞きしました。

 譲渡後,新しい飼い主さんのおうちではどんな様子だったのでしょうか?

 先住犬のクルミちゃんと初顔合わせしたとき,普段はマイペースでおとなしいココア君ですが,興味深々でご挨拶に近づいてきた若いクルミちゃんに「バウッ」っと一喝(?)。そのあとすぐに,ソファーに乗って一等席でくつろぎ始めたそうです。夜も飼い主さんのベッドにもぐりこんできて一緒に寝たそうですよ!

 10歳といいお年で,おっとりした優しい落ち着いた性格のココア君と,若くて明るくやんちゃな性格で元気いっぱいのクルミちゃん。まるで正反対の2頭は,今ではとっても仲良しで,すごく楽しくていいバランスなんです!と飼い主さん。

 初日から,まるでず~っと家族だったみたいなくつろぎっぷりだったんですね!そんな様子を聞かせていただいて,ホッとしました。 

こんなに幸せになりました!

相談所にいたころだワン!

相談所にいたころの写真です。
わかりにくいですが,ちょっとおデブなキャバリアでした。そのせいで,お散歩に行ってもすぐにへばって,帰りたがっていました(笑)!性格が明るくてかわいいところは今と同じですね。

こんなにイケメンだったなんて☆

今のココアくんです。
毛づやもピカピカで,ますますかわいくなっています!

 大好きな飼い主さんと一緒に幸せに暮らすようになったからでしょう。家庭動物相談所にいるときよりも,さらにイキイキとした若々しい表情になり,見違えるほど美しい犬(イケメン?!)になっていました!さらに,適正に食事管理をしてもらって,ちょっとおデブだったのが,すっかりスリムになっていました!体が軽くなった分,足取りも軽くなり,お散歩も大好きになりました。若いクルミちゃんと一緒の長時間のお散歩も元気について行きます!

 ココア君に久しぶりに会えて,元気で幸せそうな姿を見ることができて,うれしい日でした。 

 飼い主さん家族にとても愛されて大切にされて,家族の一員として仲良く楽しく幸せに暮らしていることがわかって,職員一同本当にうれしく思い,また飼い主さんご家族に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます!

 

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室京都動物愛護センター

電話:075-671-0336

ファックス:075-671-0338