現在位置:

職員のお仕事に一日密着!!~衛生指導員編~

ページ番号120792

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年6月25日

相談所のスタッフ

6月も最終週になり,じめじめとしたお天気が続きますね。先日は台風も上陸しましたし,動物たちにとってお散歩に行けないつまらない日が続いております・・・

 

今日も雨だワン・・・↓↓

譲渡候補犬のヤギ君です☆くりっとしたおめめが可愛らしい!

さて!家庭動物相談所には,獣医師と衛生指導員の職員がいます。

収容されている犬・猫のお世話を担当しているのは,主に衛生指導員です。

今日は,そんな衛生指導員のお仕事に一日密着リポートいたします!

衛生指導員のお仕事その1~動物たちのお世話~

家庭動物相談所は,朝8時30分から業務を開始します。まずは収容されているワンちゃん,ネコちゃんの犬舎・ケージ等のお掃除から行います。

ケージの中でじっとおとなしい子もいれば,夜中元気にはしゃぎまわって中に入っているお水の皿をひっくり返しちゃった子など様々です。

収容されている子は,基本的に個別管理を行っているので相談所にいる子の数が増えれば増えるほどお掃除は大変になってきます。それでも,中にいる子たちが少しでも快適に過ごせるよう,掃除を怠るわけにはいきません。夏場は作業していると暑くて大変ですが,頑張っています!

 

お掃除が終わったらみんなの待ちに待った(?)ごはんタイムです。

ごはんは色々な種類のドッグフードやキャットフードを使用しており,これらはボランティアさんや市民の方々,また動物取扱業者さんなど,相談所のお仕事を知って,ご厚意で寄付していただいたものもあります。

普段はドライフードをあげているのですが,その子の体調や年齢などを考慮してウェットフードをあげることもあります。ただウェットはお値段がかさむので,予算の都合上どうしても無尽蔵にあげることはできないのですが・・・(涙

 

お掃除とごはんは朝夕の2回が基本ですが,ケージの中が汚れていたら随時取り替えるよう心がけています。どうしても,ケージ内で過ごす時間が多くなってしまうので,少しでも快適にしてあげたいですからね・・!

 

ケージもキレイになって,ごはんもいっぱい食べて・・・そのあとはわんこ達はお散歩の時間です!

こちら家庭動物相談所の真北には上鳥羽公園という大きな公園があり,収容されているわんこ達は主にその公園でお散歩しています。

今の時期は緑もいっぱいで風が吹き抜けてとっても気持ちよさそうです☆

このお散歩の時間に,出来るだけ人に従順な子になるようトレーニングも行っています。うまくできたらおやつをあげてめいっぱい褒めてあげています。

 

風が気持ちいいワン!

公園でお散歩&トレーニング中です!奥の子は最近うちにきたばかりの子なので,先輩犬のたろちゃんが先導しています。

また,収容期間が長くなってちょっと臭ってきたな~という子たちにはシャンプーをしたりもしています

以前ブログでもご紹介したように,プロのトリマーさんやボランティアさんに来ていただいた際にお願いすることもありますが,時間があれば職員でも行っています。(その時間がなかなかとれないのが心苦しいのですが・・・)

 

さてさて,わんこたちがお散歩中,ネコちゃんたちは何をしているかというと・・・・・寝ています☆

適当な空き箱でベットを作ってあげるのですが,そうするとみんなでみっちみちになって固まっています。

職員の手が空いたときは,ケージの外に出してあげて人馴れするよう遊んだりもしています。こうして人と遊ぶのが大好きな愛されにゃんこに育て上げるのですね!これも立派なお仕事です!(笑)

つかまえたっ!!にゃにゃにゃ!!

現在里親さん募集中の子猫です。すっかり上手におもちゃで遊べるようになりました☆

衛生指導員のお仕事その2~ペットの適正飼養の啓発~

さて,相談所内のお仕事は動物たちのお世話だけではありません。

各保健センターと連携して犬や猫の適正飼養についての啓発や,狂犬病予防法に基づく徘徊犬の捕獲なども業務として行っています。

ワンちゃんについては,私有地以外で放し飼いにしないことは法律で義務付けられていますが,ネコちゃんについても外飼いでなく室内飼育の徹底を呼びかけています。

外の世界は,人間が思っている以上に動物たちにとって危険な世界なのです。大きな車や他の動物,いろいろな病気・・・また,動物を放し飼いにすることで糞尿などの被害によるご近所トラブルが発生することもあります。

こうした危険やトラブルは,人がきちんと動物を管理することで防ぐことができるのです。大切なペットの安全を守り,また悪者にしないためにも,動物の適正飼養を徹底してくださいね!

このような啓発や引取の業務は,京都市内全域を管轄しているので相談所では車は必須です。

もしかしたらみなさんの町でも,相談所の車を見かけることがあるかもしれませんね!

わんこご紹介

おやつくれるの??(U・ω・U)

それでは最後に,今回記事のトップを飾ってくれた柴犬のヤギ君についてご紹介いたします!

○相談所名:ヤギ君

○性別:オス

○年齢:5~8歳(推定)

○チャームポイント:くりっとした大きなおめめとふさふさの尻尾!

○好きなこと:おやつとお散歩

○嫌いなこと:体をぎゅっとハグされること

○性格:わりと人懐っこい子が多い相談所の子たちの中でも,非常にマイペースでややクールな性格の男の子です。要求吠えや撫でて~といったアピールはしませんが,お散歩に行ったり腰あたりを撫でてもらうのは好きな様子。鼻先に手を近づけるとぺろぺろと舐めてくれたりもします。ただ,ぎゅっと抱きしめられたり,足先を触られるのはあまり好きではない様子・・・なので,お庭先での~んびりと過ごせるおうちが居心地がよいのかな~?と思っています。

 

見た目も小柄で可愛らしいヤギ君ですが,マイペースな性格故かなかなかご縁が結ばれず,ついに一冬超えてしまいました・・・(涙)

きっと触れ合ってもらえたら,ヤギ君の魅力も伝わるかと思います。ぜひお気軽に会いに来てくださいね!

/待ってるワン!\

家庭動物相談所にはヤギ君だけでなく,新しい飼い主さんとの出会いをまっている譲渡候補犬や猫がいます。

犬猫の譲渡について,条件など詳しくは「犬猫の譲渡について~新しい飼主さんになっていただけませんか?~」をご覧ください。

犬猫の新しい飼い主さん募集中」に載っている犬猫以外の子をご希望される方には,ご希望に合う犬猫が保護された場合,家庭動物相談所からお電話にてご案内させていただく形をとっております。

ご希望の犬猫の写真が載っていない場合でもお問い合わせください。また,施設内のご見学も随時お待ちしております☆

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室京都動物愛護センター

電話:075-671-0336

ファックス:075-671-0338