ダブちゃんの術後経過

ページ番号118801

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2012年4月9日

術後のダブちゃんです☆

前回まで3回にわたってダブちゃんの去勢手術の様子をご紹介してきましたが,今日は術後のダブちゃんの様子をご紹介します。

ダブちゃんのためにした去勢手術ではありますが,そんなことはまったく知らないダブちゃん。

前日からごはんはもらえなかったし,注射もされて痛い思いもしたしで,手術の日は嫌なことばっかりだったと思います。

「痛い目にあわせる人は嫌いニャ!」ってなってしまって,ダブちゃんに嫌われていたらどうしよう・・・と不安な思いで翌日ダブちゃんに会いに行きました。

が,そんな心配は必要ありませんでした! 痛い思いをしたことを覚えているのかどうかは分かりませんが,いつもどおりのスリスリ抱っこ大好きダブちゃんでした♪ 良かった~。

職員も一安心! これで本当に手術が終わった気持ちになることができます。

ナデナデ大好き!

いつもどおりのご機嫌ダブちゃんです☆

また,手術の傷口は毎日のふれあいの時間のときにしっかりチェックします。術後経過はとても良好です。

 

毎日傷口チェックされるのニャ!

術後4日目の傷跡です。順調に治ってきています。

そして,この後,ダブちゃんはとても良いご縁をいただき新しい飼い主さんに譲渡されたのでした。

新しい飼い主様のおひざの上でのんびりまったり過ごしていることと思います。

ダブちゃん,幸せになってよかったね!

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室京都動物愛護センター

電話:075-671-0336

ファックス:075-671-0338