現在位置:

平成29年度後期高齢者医療制度の保険料について

ページ番号117842

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月3日

保険料額は「均等割額」と「所得割額」の合算になります。

 「均等割額」は,保険給付等に要する費用から算定した賦課総額の2分の1相当額を被保険者数で人数割りした額になります。

  平成29年度の均等割額は,年間48,220円です。

 「所得割額」は,保険給付等に要する費用から算定した賦課総額の2分の1相当額を被保険者の所得に応じて,次の方法により計算したものです。

  所得割額= {平成28年の被保険者の総所得金額等(※1)

          -33万円(基礎控除額)(※2)}

          ×所得割率0.0961(※3)

 ※1 総所得金額等とは,収入額から必要経費等を差し引いた額のことです。

 ※2 基礎控除とは,すべての納税者に適用される「所得控除」のことで,33万円となります。

 ※3 所得割率とは,保険給付等に要する費用から算定した賦課総額の2分の1相当額を被保険者の基礎控除後の総所得金額等の総額で除したものです。

 保険料の額の上限額(賦課限度額)は,年額57万円です。

その他保険料についてのご案内

 保険料の以下の内容については,下記を御参照ください。

 ・ 保険料の軽減措置について

 ・ 保険料の納め方について

関連コンテンツ

平成29年度後期高齢者医療制度の保険料について

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局生活福祉部保険年金課

〒604-8091 京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町500‐1 中信御池ビル4階

電話:075-213-5861

ファックス:075-213-5857