現在位置:

猫3匹の新生活がスタートしました!

ページ番号113039

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2011年12月28日

まずは家庭訪問

今回,譲渡候補猫3匹の譲渡を希望された方にご協力していただきその様子をレポートします。

家庭動物相談所では,1匹だけでなく2匹以上の犬猫の譲渡を希望される方にも犬猫の譲渡を行っています。

ただし,希望される方が犬猫を複数飼うための準備ができているかどうかの確認を行うため,事前に家庭訪問を実施しています。

今回,猫3匹の譲渡希望ということなので,譲渡の前に新しい飼い主さんのお家に家庭訪問に寄せていただきました。

さてさて,家庭訪問の結果は・・・

 


手作りの猫ハウスや棚を用意されていました!
普段は部屋の中で自由に遊ばせ,留守の間など人の目が届かない時には猫ハウスに入ってもらうそうです。

猫ハウスには上下運動して遊べる棚があったり工夫されていました!

猫を3匹迎える準備はもちろんのこと,猫達を大切に飼っていただける様子が感じ取れました。


エサ皿も頭数分用意されていました。
猫じゃらしでいっぱい遊んであげてくださいね

そしてお迎え

家庭訪問が終わったら早速お迎えに来ていただきました。

ご家族で何度か見学に来ていただき,いろいろお考えになった結果猫3匹との生活を送ることを決めてくださった飼い主様,今日のお迎えをとても楽しみにしていただいたそうです☆

せっかくなので記念撮影をさせていただきました。

 


まだまだ新しい飼主さんに不慣れな3匹達
緊張しているのかな!?

愛情をたっぷりと注いでくださいね

譲渡の際に飼い主さんにコメントをいただきました。

○ なぜ家庭動物相談所から猫をもらおうと思ったのですか?

 インターネットで個人同士の譲渡もありますが,見えない部分があり少し不安でした。京都市の施設である家庭動物相談所からの譲渡だと安心感があったので。

○ 1匹ではなくなぜ3匹もらおうと思ったのですか?

 最初は2匹のつもりでした。1匹でも2匹でも世話の大変さは変わらないんじゃないかと思ったのと,1匹よりも2匹,3匹の方が猫自身が楽しそうと思ったからです。キジ白の男の子が最初に決まって,残りの1匹を茶トラの子にしようと思ったのですが,一緒のケージにいた茶トラの兄弟2匹のうち1匹を選べなかったので3匹貰おうと思いました。

○ これから猫と一緒の生活を向かえるにあたって一言お願いします

 手作りの棚をもっと作っていきたい!猫が快適に暮らせるように工夫していきたいです!

 

職員からひとこと

家庭動物相談所から猫の譲渡を受けていただきありがとうございます。

とっても仲良しで毎日元気にプロレス遊びをしていた3匹を,離れ離れにせず同じお家に譲渡することができて職員みんなうれしいです!

やんちゃざかりの男の子3匹ですのでお家はとってもにぎやかになると思います。

猫じゃらしやおもちゃ遊び,かくれんぼが大好きな子たちなのでたくさん遊んであげて猫との生活をおもいっきり楽しんでくださいね。

 


せっかくなので,3匹の小さかったころの写真を載せます。
茶トラ2匹の兄弟は特に雰囲気がガラッと変わっていますね♪

 

家庭動物相談所には,新しい飼主さんとの出会いを待っている譲渡候補の犬猫がたくさんいます。

犬猫の譲渡について,詳しい条件などは「犬猫の譲渡について~新しい飼主さんになっていただけませんか?~」をご覧ください。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室京都動物愛護センター

電話:075-671-0336

ファックス:075-671-0338