沿革・役割

ページ番号112504

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年2月28日

沿革

昭和25年 8月 「狂犬病予防法」施行

      11月  衛生局公衆衛生課食品係「犬抑留所」として業務開始

昭和43年 4月 「犬抑留所」から「飼犬指導所」に名称変更

昭和48年 4月 「飼犬指導所」から「飼養動物管理指導所」に名称変更

昭和54年 11月 「飼養動物管理指導所」から「家庭動物相談所」に名称変更・移転

平成27年 5月 「家庭動物相談所」から「京都動物愛護センター」に名称変更し,現在地に移転

センターの主な役割

・しつけ方教室などの動物愛護啓発事業の推進

・収容動物の適正な飼養管理,譲渡事業の推進

・動物由来感染症など動物に関する幅広い情報発信

・夜間動物救急センターの設置((公社)京都市獣医師会との連携)

・災害時における動物の保護,被災動物のための救援物資の保管及び配布

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室京都動物愛護センター

電話:075-671-0336

ファックス:075-671-0338