スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

平成30年度 高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

ページ番号109807

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年9月28日

平成30年度高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

 京都市では,予防接種法に基づき,次のとおり高齢者に対するインフルエンザの予防接種を行います。

高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

1 対象者

(1) 接種日現在65歳以上の京都市民

(2) 接種日現在60~64歳で,心臓,腎臓,呼吸器の機能に障害があり日常生活を極度に制限される京都市民

(3) 接種日現在60~64歳で,ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に障害があり日常生活を極度に制限される京都市民

 

2 実施期間 ※平成30年10月15日(月曜日)から開始です。

 平成30年10月15日(月曜日)から平成31年1月31日(木曜日)まで

 

3 実施場所

 京都市高齢者インフルエンザ予防接種協力医療機関

京都市高齢者インフルエンザ予防接種協力医療機関

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

※医療機関が分からない場合は,「7 お問い合わせ先」にて御確認ください。

※市外の医療機関(京都市インフルエンザ予防接種協力医療機関を除きます。)での接種を希望する場合は,予防接種実施依頼書が必要です。詳しくは, こちら を御覧ください。

4 接種方法

 京都市インフルエンザ予防接種協力医療機関において,予約方式で行います。接種当日は,年齢の分かるものをお持ちください。

 ※ 「5 接種料金」にある自己負担区分証明書の発行を受けた方は,必ずそちらも持参してください。

 ※ 接種回数は1回です (医師の指示により2回接種する場合,2回目は全額自己負担となります。)。

 

5 接種料金

 2,000円

 ただし,下表の区分に該当する方は,事前に申請をし,自己負担区分証明書の交付を受け,それを接種日に医療機関に提出することで,それぞれ右側に記載する料金に軽減されます(後日提出されても接種料金の還付制度はありません。)。

自己負担区分証明書の申請手続の対象となる方

区分 

接種料金 (手続後)

市民税課税者で,総所得金額100万円超125万円以下の方

1,500円

市民税課税者で,総所得金額100万円以下の方

1,000円

市民税非課税者,生活保護受給者,中国残留邦人等支援給付受給者の方

無料

 接種料金の軽減を希望される手続対象者の方は,必ず,「6 自己負担区分証明書の申請方法」のとおり事前に申請をし,自己負担区分証明書の発行を受けてください。

【重要】 接種後に証明書を提出されても,料金の還付はいたしませんので御注意ください。

6 自己負担区分証明書の申請方法 ※受付開始は平成30年10月1日(月曜日)です。

1 保健福祉センター等での窓口申請

ア 申請場所

  平成30年10月1日から,各区役所・支所保健福祉センター及び京北出張所で申請受付を行います。

   受付窓口: 保健福祉センター 健康長寿推進課 高齢介護保険担当

           及び 右京区役所京北出張所 保健福祉第二担当

   ※ 申請書は上記の窓口にあります。

   ※ 区役所・支所によっては,特設の窓口を設けている場合がありますので御確認ください。

イ 必要書類

 (ア) 接種希望者が申請する場合

   申請者御本人を証明する書類(運転免許証,健康保険証,敬老乗車証等)

 (イ) 代理人が申請される場合

   代理人御本人を証明する書類(運転免許証,健康保険証等)

 (ウ) 申請者が代理人で,かつ,同居の御家族以外や第三者の場合

   接種希望者からの委任状

   *様式不問,「高齢者インフルエンザ予防接種自己負担区分証明書の申請及び受領の権限を代理人に委任します。」と記載し,接種される本人の住所・氏名・押印・生年月日,代理人の住所・氏名・生年月日を記載してください。

委任状については,以下の様式例を御参照ください。

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

2 郵送申請

(1)「郵送申請用パンフレット」を用いて郵送申請をする方法

 9月末頃から協力医療機関・高齢サポート(地域包括支援センター)・各区役所・支所保健福祉センター等に備え付けている「郵送申請用パンフレット」を入手のうえ,郵送で申請してください。

※ 「郵送申請用パンフレット」には,専用の申請書や記入例,送付用封筒等があらかじめ封入されており,送付用切手(82円分)と返送用切手(62円分)を御用意いただければ,申請可能です。

 

(2)このページからダウンロードすることができる申請書を用いて郵送申請をする方法

 「郵送申請用パンフレット」を入手することができない場合でも,以下の申請書及び証明書を用いて郵送で申請をしていただくことができます。申請方法は以下<手順>のとおりです。

郵送申請用(「郵送申請用パンフレット」を用いない場合)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
<手順>
(1) 上記申請書及び証明書をダウンロード・印刷してください。
(2) 申請書及び証明書に必要事項を記入してください(記入方法は,上記記入例を御参照ください。)。
(3)

封筒(長3封筒その他の定型郵便物サイズのもの)を2枚用意し,次のとおり宛先住所を記入してください。

 ■送付用封筒(京都市に申請書等を送付するための封筒)
  ⇒〒604-8101 京都市中京区柳馬場通御池下る柳八幡町65番地 京都朝日ビル7階

    京都市健康安全課感染症予防担当

 ■返信用封筒(京都市から証明書を返送するための封筒)
  ⇒証明書の返信希望先住所を記入してください(施設等の場合は,その名称も正確に記入してください。)。

(4)

上記2種類の封筒それぞれに,82円分の切手を貼付してください。

特に,返信用封筒は,切手が貼付されていないと証明書を返信することができません。

(5)

申請書及び証明書・返信用封筒を送付用封筒に入れ,健康安全課までお送りください。

※1月2日以降に京都市に転入された方又は予防接種実施依頼書に基づく接種を希望される方は,当該市町村が発行する課税証明書等も同封してください。また,申請者が代理人で,かつ,同居の御家族以外の場合は,御本人からの委任状(様式不問。上記「保健福祉センター等での窓口申請」参照)も同封してください。
 なお,これらの場合,82円で送付できないことがありますので,必要に応じて追加料金分の切手を貼付してください。

 (1)又は(2)のいずれの方法についても,申請書類が健康安全課に到達後,確認を行い,該当する場合に証明書を発行し,予診票とともに返信用封筒で返信します。
 証明書を受け取った後,京都市インフルエンザ予防接種協力医療機関に接種の予約をし,接種当日は証明書と必要事項を記入した予診票をお持ちください。

御注意ください!

  • 自己負担区分証明書の申請受付は10月1日からです(ただし,予防接種の実施は10月15日からです。)。
  • 自己負担区分証明書を後日医療機関に提出されても,接種料金の還付制度はありません。
  • 郵送申請の場合,発行までに時間がかかることがあります(おおよそ1~2週間程度。同封されている申請件数が多いほど,より時間を要することがあります。)ので,接種日までに余裕を持って申請してください。
  • 施設等でまとめて郵送申請する場合は,送付用封筒及び返信用封筒は定形郵便物サイズである必要はありません。ただし,返信用封筒には,封筒のサイズや,返信される証明書(A4サイズ)・予診票(A3サイズ)の枚数に応じた料金の切手をあらかじめ貼付してください(証明書1枚・予診票1枚は,合わせて約15グラムです。)。

7 お問い合わせ先(おかけ間違いに御注意ください。) 

京都いつでもコール(年中無休 午前8時00分~午後9時00分)

 電話: 075-661-3755 ファックス: 075-661-5855

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 健康安全課
電話: 075-222-4421 ファックス: 075-222-4062

フッターナビゲーション