現在位置:

特定動物の飼養・保管をされる方へ

ページ番号108993

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2013年9月12日

人に危害を加える恐れのある危険な動物(特定動物)を飼う場合には,動物種・飼養施設ごとに許可が必要です。また,飼養施設の構造や保管方法についての基準を守らなくてはなりません。

1 特定動物とは

「動物の愛護及び管理に関する法律」 で,人の生命,身体又は財産に害を加えるおそれがある動物として政令で定める動物を特定動物といいます。

現在,特定動物は哺乳類,鳥類及び爬虫類に係る約150属・650種が選定されています。(別表

 

2 飼養・保管許可申請について

特定動物を飼養又は保管するためには,動物の種類ごとに,施設基準に適合する飼養保管のための施設を設置して申請を行い,許可を受ける必要があります。

~~ 申請手続きの流れ ~~

1 事前相談・施設の設置
飼養・保管許可申請( 動物の種類ごと )
3 施設の検査
4 飼養保管許可( 有効期間は5年間 )
飼養・保管開始( 標識の掲示・基準等の遵守 )
6 識別措置の実施及び届出( 飼養を開始後30日以内 )
飼養・保管許可申請( 更新 )

 

施設の基準、飼養又は保管の方法について

特定動物は,万が一施設外に逃げた時には,人の生命を害するなどの大きな事故につながるおそれのある動物です。その飼養・保管に際しては,外部から見えやすい場所に標識を掲示し,許可を受けた施設内で飼養すること( 法律で定める場合を除き施設外へ出してはいけない )など,適正な飼養管理が求められます。

1)施設の基準

「動物の愛護及び管理に関する法律」 による許可の要件として,特定動物の種類や性質に応じて環境省令で定める特定動物飼養施設の構造及び規模並びに特定動物の飼養又は保管の方法に関する基準( 詳細は環境省ホームページを参照外部サイトへリンクします )に適合するものであることと定められています。

2)施設の点検

「動物の愛護及び管理に関する法律」 において,飼養又は保管にあたっては,施設の点検を定期的に行うこと,当該特定動物がその許可を受けていることを明らかにすることなど,環境省令で定める方法によらなければならないと定められています。

3)識別措置の届出

飼養開始後,30日以内にマイクロチップ等の識別措置を講じた旨の届出を行わなければなりません。

4)変更の許可及び変更の届出

飼養施設や飼養頭数を変更する際には,家庭動物相談所へご相談ください。

 

 

罰則等について

1)許可の取り消し

施設の構造や管理の方法が不適切など,守るべき基準が守られていない場合は、許可は取り消されます。

 

2)罰則

以下の行為を行った場合は,6ヶ月以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられます。

  • 無許可で特定動物を飼養または保管する
  • 不正の手段で許可を受ける
  • 許可なく飼養施設を移動する
  • 許可なく飼養施設の構造を変更する

 

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局医療衛生推進室京都動物愛護センター

電話:075-671-0336

ファックス:075-671-0338