現在位置:

犬猫の譲渡の流れ~新しい飼主さんになっていただけませんか?~

ページ番号60324

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年2月29日

 動物愛護センターから動物の譲渡を受けるにあたっては,下記の手順のとおりご案内しており,実際に動物をお渡しするまでに複数回来所いただいております初回ご見学時でのお譲りは一切行っておりませんのでご了解ください。


譲渡事業の流れです。

1 申込書等の提出による書類審査・面談

 新しく動物を迎え入れるにあたって,きちんと飼育環境の準備ができていることや,動物を適正に終生飼養できるかどうかを確認させていただきます。

○ 必須条件

・ お住まいが京都府内で,お申込者様が飼養者様ご本人で,成人されていること。

・ ご住居が,希望する動物の飼養が制限されていないこと。(集合住宅や借家等の場合,契約書等をご提出いただき,ペット飼養可能か確認させていただいております。)

・ ご家族全員が,新しい動物を迎え入れることに同意されていること。

・ 犬については狂犬病予防法に基づく登録や予防注射を譲渡後必ず行えること。

・ 猫については室内飼育を徹底していただくこと。

・ 避妊去勢手術について出来る限り早期に実施いただけること。(猫の場合は必須)

 

 上記必須条件の他にも,飼育環境等について書類や面談等で職員が確認し,審査をしております。要件をすべて満たされた方について,譲渡候補の子たちを申込順にご案内しております。要件を満たさないと判断した場合,譲渡をお断りすることがあります。

 なお,申込時点でご希望に沿う動物が収容されていない場合は,後日ご連絡さしあげております。希望する動物の年齢や種類等によっては数か月単位でお待ちいただく場合もありますのでご了承ください。

2 動物との面会

 希望いただいた条件にあう譲渡候補動物をご紹介し,相性等を見ていただきます。

* この際,即断いただく必要はありません。これから何年も家族として過ごしていただく子ですから,ご家族の方も交えて複数回面会に来られる等の慎重な対応をしていただくに越したことはない,と考えております。

3 家庭訪問

 現在,ご家庭に先住動物がいる場合など,譲渡するにあたって確認が必要と職員が判断した場合は譲渡前に家庭訪問を実施し,飼育環境等を確認させていただいておりま

4 避妊去勢手術予約証明の取得(猫の場合)

 避妊去勢未実施の猫の譲渡を希望される場合,ご希望の猫の手術について動物病院での予約手続きを必ずお願いしています。予約証明書は譲り渡しの際にご持参いただいても構いません。

5 譲り渡し

 1~4の必要な手順について,問題がないと確認できたのち,お迎えの日取りを決めていただきます。
 お迎えの際は,申込者様ご本人が来所され,動物を運ぶためのケージや首輪・リード等をご持参いただきますようお願いします。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局保健衛生推進室京都動物愛護センター

電話:075-671-0336

ファックス:075-671-0338