スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

京都市のHIV検査について(平成29年度から検査体制を変更しました。)

ページ番号47908

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年4月11日

京都市のHIV検査について(平成29年度から検査体制を変更しました。)

 HIVに感染すると,何もしなければ感染してから約10年後にエイズ(後天性免疫不全症候群(AIDS))を発症すると言われています。現在は,HIVに感染しても,適切な治療を行うことで,エイズの発症を抑えることが可能になってきました。

 HIVに感染しても,初期にはほとんど症状はありません。感染しているかどうかは,検査を受ける以外に分かる方法はありません。

 京都市では,以下の検査を実施しております。

 検査はいずれも無料・匿名でプライバシーは守られます。安心して受けていただけます。

 なお,感染から3か月以上経過しなければ,正しい結果が得られません。不安なことがあってから,3か月以上経過してから検査を受けましょう。


毎年12月1日は世界エイズデーです。

昼間HIV検査について

 昼間HIV検査(←詳細)

 下京区役所で,HIV検査と同時に性感染症検査(梅毒,淋菌,クラミジア)を実施しています。

夜間HIV検査(即日検査)について

 夜間HIV検査(即日検査)(←詳細)

 平日昼間に検査を受けられない方のために,毎週木曜の午後6時~7時30分に実施しています。本検査は予約制で結果は約1時間半で判明します。

 平成29年度から同時に性感染症検査(梅毒,淋菌,クラミジア)もお受けいただけるようになりました。ただし,性感染症の結果返却は,次々回以降の検査日になります。

土日HIV検査(即日検査)について

 土日HIV検査(即日検査)(←詳細)

 平日に検査を受けられない方のために,毎月4回土曜・日曜に実施しています。

 平成29年度から同時に性感染症検査(梅毒,淋菌,クラミジア)もお受けいただけるようになりました。ただし,性感染症の結果返却は,次々回以降の検査日になります。

お問い合わせ先

保健福祉局 医療衛生推進室 健康安全課
電話: 075-222-4421 ファックス: 075-222-4062

フッターナビゲーション