現在位置:

国民健康保険の給付について

ページ番号33383

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2010年4月1日

国保に加入していると次のような給付が受けられます。

(後期高齢者医療の被保険者である方を除きます。)

なお,申請には保険証,領収書,印かん,預(貯)金通帳が必要です

手続きについては,「こくほだより前期号」(毎年6月に送付しています)に同封の「国保ガイド」もご覧ください。

また,以下の3~11の給付は,申請に基づいて認定され,原則として口座振込により支給されます。住所地を所管する区役所・支所の保険年金課(京北地域の方は,京北出張所保健福祉第一担当)へ申請してください。(申請から支給まで一定の期間を要します。)*給付を受ける権利は,原則として2年で消滅します。

  1. 医療機関等にかかるとき
  2. 入院したときの食事代や居住費等,生活療養費を受けるとき(入院時食事療養費又は生活療養費の支給)
  3. 入院時食事代の減額を受けるとき
  4. いったん全額自己負担したとき(療養費の支給)
  5. 医療費が高額になったとき(高額療養費の支給)
  6. 医療機関窓口で高額な負担が必要になったとき(限度額適用認定証)
  7. 高額医療・高額介護合算療養費制度について
  8. 海外で医療機関等にかかったとき
  9. 出産したとき(出産育児一時金の支給 42万円)
  10. 亡くなったとき(葬祭費支給 5万円)
  11. 移送の費用が必要なとき(移送費の支給)
  12. 訪問介護ステーション等を利用したとき(訪問看護療養費の給付)
  13. 特別な治療・サービスを受けるとき(保険外併用療養費の給付)

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局生活福祉部保険年金課

〒604-8091 京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町500‐1 中信御池ビル4階

電話:075-213-5861

ファックス:075-213-5857