現在位置:

70歳~74歳の方の窓口負担の見直し(負担引き上げの凍結)について

ページ番号27905

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2007年12月5日

70歳~74歳の方の窓口負担の見直し(負担引き上げの凍結)について

70歳~74歳の方の窓口負担引き上げの凍結について

 70歳~74歳の方で一部負担金の割合が1割の方は,平成23年4月から2割に引き上げられることとなっていましたが,平成24年3月31日までの1年間,1割のまま据え置かれることとなりました。

70歳~74歳の方の高額療養費一部負担金限度額の引き上げの凍結について

 70歳~74歳の方の「市民税課税世帯で現役並み所得者世帯以外の世帯」の高額療養費の一部負担金の限度額が,平成23年4月から引き上げられる予定でしたが,平成24年3月31日までの1年間,下表のとおり据え置きとなります。

高額療養費の一部負担金額限度額
支  給  区  分 一部負担金限度額 

 個人単位(外来)                (限度額A)

12,000円 
 世帯単位(A+70歳~74歳の方の入院分)(限度額B) 44,400円

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局生活福祉部保険年金課

〒604-8091 京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町500‐1 中信御池ビル4階

電話:075-213-5861

ファックス:075-213-5857