現在位置:

介護予防サービス計画の作成 <要支援1・2の方>

ページ番号3171

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年1月30日

 お住まいの学区担当の地域包括支援センターの保健師などが作成します。

 

要支援1の方の例

要支援1の方の例
要支援1の方の例
上記以外の介護保険サービス介護予防福祉用具貸与(歩行補助杖)
介護保険以外のサービス昼食会に参加(月1回)
自分自身で行うこと毎日10分は、体操する C
家族の支援週に1回は,長女が来て掃除を手伝う。

A.長時間歩くことに自信をつけるため,専門家による体力測定,ストレッチ,転倒予防の体操などを行います。

B.家に閉じこもりがちだったので,自分で献立を考え,ホームヘルパーと一緒に食材の買い物に行きます。

C.介護予防通所介護で習った体操を,毎日10分,家でも行うよう心がけます。

 

介護予防サービス計画について

  • 作成費用…利用者の自己負担はありません。介護保険から全額給付されます。
  • 地域包括支援センターに介護予防サービス計画の作成を依頼する場合は,「居宅(介護予防)サービス計画作成依頼(変更)届出書」をお住まいの区の窓口に届け出てください。
  • 介護予防サービス計画は,ご本人が自分でつくることもできます。その場合は,お住まいの区の窓口に届け出てください。

 

届出に必要な書類

(1)居宅(介護予防)サービス計画作成依頼(変更)届出書

(2)介護保険被保険者証(原本)

(3)個人番号カード 等(原本又はコピー)

 平成28年1月から届出書へのマイナンバー記入が必要になります。また,記載されたマイナンバーが正しいかどうかの「ア 番号確認」と,届出者の「イ 本人確認」を行いますので,次のものをお持ちください。

 ア 被保険者の番号確認書類

  個人番号カード,通知カード,マイナンバーが記載された住民票・住民票記載事項証明書のいずれか

 イ 窓口に来られる方の本人確認書類

  個人番号カード,運転免許証など顔写真付きの官公署発行の証明書1点(顔写真がないものの場合は2点以上)

介護事業者が代理で届出を行うときは,「ア 被保険者の番号確認書類」はコピーを添付してください(郵送の場合も同様)。なお,「イ 窓口に来られる方の本人確認書類」の提示・添付は不要です。

お問い合わせ先

京都市 保健福祉局健康長寿のまち・京都推進室介護ケア推進課

電話:075-213-5871

ファックス:075-213-5801