スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

児童養護施設退所者等支援事業における実態調査の結果について(平成29年6月~同年7月実施)

ページ番号227765

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年11月10日

児童養護施設退所者等支援事業における実態調査(平成29年6月~同年7月実施)

 京都市では,このたび,施設等退所者を対象とした実態調査を実施し,その結果を取りまとめましたので,下記のとおり,お知らせします。

1 調査目的

  施設等退所者が社会生活を営んでいくうえで課題となっていることや,不安に思っていることについて具体的に把握し,今後の行政の施策の方向性を検討すること,併せて,施設等,関係者等がどのように関わり,支援していくべきかを検討する基礎資料として活用するため,本調査を実施しました。

2 調査対象

  京都市が所管する児童養護施設(7箇所),自立援助ホーム(2箇所),ファミリーホーム(1箇所)です。

3 調査概要

  本調査は,次の3つの調査から構成しています。

  調査Ⅰ:施設等退所者本人を対象としたアンケート調査

  調査Ⅱ:施設等職員による退所者を対象としたヒアリング調査

  調査Ⅲ:京都市職員による施設等職員を対象としたヒアリング調査

 ⑴ 調査Ⅰ:施設等退所者本人を対象としたアンケート調査

 <調査対象・方法>

  上記2の施設等を過去10年間に15歳以上で退所した327名のうち,各施設等が現住所を把握しており,かつ郵送すること

 ができた217名に対し各施設等からアンケート調査票を発送し,匿名で京都市宛に御返送いただきました。

 <調査期間>

  平成29年6月9日~同年7月14日

 <主な調査項目>

  1 本人の属性について

  2 現在の生活状況等について

  3 退所後の状況等について

  4 その他について

 

回収結果
 調査対象者調査票配布者数 回答者数 回収率 
 327名217名 93名 42.9% 

 ⑵ 調査Ⅱ:施設等職員による退所者を対象としたヒアリング調査

  <調査対象・方法>

   上記⑴の調査対象者のうち,28名に対し,施設等に従事する職員を通じて電話又は聞き取りによる調査を行いました。

  <調査期間>

   平成29年6月9日~同年7月14日

  <主な調査項目>

   1 退所後の不安や困りごとについて

   2 必要な支援策について

⑶ 調査Ⅲ:京都市職員による施設等職員を対象としたヒアリング調査

  <調査対象・方法>

   調査対象施設に従事する職員に対し,本市職員から面接による聞き取り調査を行いました。

  <調査期間>

   平成29年6月19日~7月4日

  <主な調査項目>

   1 施設退所者の状況について

   2 施設退所者への支援・取組内容について

   3 必要な支援策などについて

   4 その他について

4 調査結果

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部子ども家庭支援課

電話:075-746-7625

ファックス:075-251-1133

フッターナビゲーション