現在位置:

【広報資料】(お知らせ)「子どもはぐくみ室」及び「子育て支援コンシェルジュ」の創設について~ワンストップの相談受付を開始します~

ページ番号219029

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年5月8日

広報資料

平成29年5月8日

子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部育成推進課(電話:746-7610)

(お知らせ)「子どもはぐくみ室」及び「子育て支援コンシェルジュ」の創設について~ワンストップの相談受付を開始します~

本日,京都市では,福祉と保健の垣根を取り払い,子どもや高齢者等わかりやすい分野ごとの窓口として再編した新たな組織として,全区役所・支所に「保健福祉センター」を設置しました。

本センターの設置に伴い,子どもに関する施策の一元的な窓口として「子どもはぐくみ室」を設けるとともに,同室の職員がワンストップで質の高い窓口サービスを提供する「子育て支援コンシェルジュ」を創設しますので,下記のとおり,お知らせします。

今後とも,子どもや子育て家庭を地域で見守る,本市ならではの「はぐくみ文化」を通じて,子どもはもとより,地域全体が元気になっていくまちの実現に向けて,取り組んでまいります。

1 「子どもはぐくみ室」及び「子育て支援コンシェルジュ」

⑴ 創設日

平成29年5月8日(月曜日)

⑵ 「子育て支援コンシェルジュ」の人数規模

約240名(全区役所・支所の「子どもはぐくみ室」の全職員)

⑶ 効果

ア 福祉事務所と保健センターに分かれていた子どもの窓口について,ひとつの窓口で切れ目なく支援することが可能となり,出産から児童手当までの手続の一元化を実現します。

(参考):「子どもはぐくみ室」の創設を機に,多くの区役所・支所で常設の授乳室が設置され,乳児と一緒の方も利用しやすくなりました。

 

イ 「子どもはぐくみ室」の全職員が,子育てに関する相談をワンストップで受け付け,適切なサービスを案内する「子育て支援コンシェルジュ」として総合案内機能を果たします。

(参考):上京区役所では,市民の方が気軽に声を掛けられるよう,独自に「子育て支援コンシェルジュ」のバッチを作成しています。

ウ 乳幼児健診や子ども医療,児童手当等,多くの子育て家庭が利用される制度の申請等の際に,自らも気づいておられないニーズも含めて,個々の家庭の状況やニーズに「気づき」,その家庭が必要とする他の支援策の利用に「つなぐ」等,これまで以上に相談者の立場に立った適切な対応により,質の高いサービスを提供します。

 

2 「子育て支援コンシェルジュ」の育成

⑴ 日程

平成29年4月10日(月曜日)~同年5月19日(金曜日)※9班に分けて実施中

⑵ 受講人員

約240名(現時点において4班,84名が受講済み)

⑶ 内容

基礎的な知識をQAの形式でまとめた「子育て支援コンシェルジュマニュアル」等を活用して,子どもや子育て等に係る知識を深めるとともに,グループワーク等を通じて支援の視点や経験を「子どもはぐくみ室」の全職員が共有します。

 

【子育て支援コンシェルジュ マニュアルの構成】

○ 子どもと母親の健康(妊娠,出産,医療等)

○ 子どもたちの健やかな成長(子どもを預ける施設,小中学校,総合支援教育等)

○ ひとり親家庭への支援(児童扶養手当,相談窓口,支援制度等)

○ 障害のある子どもへの支援(各種手帳,手当等)

○ 経済的支援(児童手当,医療費助成,住まいに関する支援等)

○ 家庭での養育が困難な子どもへの支援(虐待の相談や通告,養育相談等)

○ 若者・青少年への支援(ニート,ひきこもり等の子ども・若者への支援等)

3 子どもはぐくみ情報コーナーの設置

「子どもはぐくみ室」の窓口に,「子どもはぐくみ情報コーナー」として,各局等や関係施設が作成している子どもや子育て等に係るチラシやパンフレット等を入れた配架棚を設置し,子どもや子育て等に係る情報をより幅広く発信・提供していきます。

(お知らせ)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局子ども若者未来部育成推進課

電話:075-746-7610

ファックス:075-251-2322