現在位置:

【広報資料】京都はぐくみ憲章~子どもを共に育む京都市民憲章~平成28年度「行動指針」の策定及び周知リーフレットの発行について

ページ番号184555

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2016年6月17日

広報資料

平成28年6月9日

保健福祉局(子育て支援部児童家庭課 電話251-2380)

教育委員会(生涯学習部家庭地域教育支援担当 電話251-0456)

 

 子どもを健やかで心豊かに育む社会を築くために,京都市民共通の行動規範として制定された「京都はぐくみ憲章(子どもを共に育む京都市民憲章)」。

 この憲章の理念が市民生活の隅々にまで浸透し,市民ぐるみで子どもの育ちと子育てを支え合い応援するまちを目指し,いつでも,どこでも,だれもが,「自分ごと」として,この憲章を実践する行動の輪が一層広がるよう,「子どもを共に育む京都市民憲章の実践の推進に関する条例」に基づき,平成28年度の「行動指針」を定め,市民の皆様に周知を図るためのリーフレットを発行しますので,お知らせします。

1 平成28年度のポイント

 昨年度,京都市内でも大麻をめぐる事案が発生したことを受け,行動指針のうち特に重点的に取り組む「重点行動」の筆頭に「薬物乱用対策」を位置付け,「児童虐待対策」や「いじめ対策」,「インターネット不適切利用対策・電子映像メディア依存対策」など,「子どもたちの命を守る」取組を強化していきます。

  また,保護者・地域住民・事業者・育ち学ぶ施設・京都市のそれぞれの立場の行動例を示し,市民ぐるみ,地域ぐるみで実践を呼び掛けていきます。

2 行動指針

1 基本的な方策に関する行動

 ⑴ ~子どもの存在を尊重し,かけがえのない命を守るために~

   子どもの体験活動を進めるとともに,安全対策に取り組みます。

 ⑵ ~子どもから信頼され,模範となる行動に努めるために~

   社会のルールやモラル,マナーを守り,子どもの模範となるよう努めます。

 ⑶ ~子どもを育む喜びを感じ,親も育ち学べる取組を進めるために~

   保護者自身が育ち学び,親同士や地域の人とのつながりを広げます。

 ⑷ ~子どもが安らぎ育つ家庭の生活習慣と家族の絆を大切にするために~

   「早寝・早起き・朝ごはん」や読書,家族共同での家事を推進します。

 ⑸ ~子どもを見守り,人と人が支え合う地域のつながりを広げるために~

   互いの挨拶・声かけを行うとともに,課題を抱える子どもと家庭を支援します。

 ⑹ ~子どもを育む自然の恵みを大切にし,社会の環境づくりを優先するために~

   エコライフや真のワーク・ライフ・バランスを進めます。

 

2 緊急の方策に関する行動

 ⑴ ~薬物乱用対策~

   大麻や危険ドラッグ等の薬物乱用から子どもの命を守ります。≪重点行動≫

 ⑵ ~児童虐待対策~

   児童虐待から子どもの命を守ります。≪重点行動≫

 ⑶ ~いじめ対策~

   いじめから子どもの命を守ります。≪重点行動≫

 ⑷ ~インターネット不適切利用対策~ ~電子・映像メディア依存対策~

   インターネット通信端末機器の利用の危険性・依存性から子どもを守ります。≪重点行動≫

 ⑸ ~児童ポルノ対策~

   児童ポルノの根絶に向けた対策に取り組み,子どもの人権を守ります。

 ⑹ ~性感染症対策~ 

   エイズ等の性感染症を子どもが正しく理解して予防できるよう取り組みます。

3 周知リーフレット

 ⑴ 発行日  

   平成28年6月9日(木曜日)

 ⑵ 配布先等  

   平成28年6月20日(月曜日)以降,市役所案内所,区役所・支所,市立図書館等において配布します。

 ⑶ 規格  

   A4版,4ページ,1色刷,50,000部

 

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
  • はぐくみ憲章にジャンプ

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 子ども若者はぐくみ局はぐくみ創造推進室

電話:075-251-8993

ファックス:075-251-1616