スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】平成30年度京都市災害対策本部運用訓練の実施について

ページ番号246460

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2019年1月11日

広報資料

平成30年1月11日

行財政局(防災危機管理室 電話:212-6792)

平成30年度京都市災害対策本部運用訓練の実施について

 この度,京都市では,大規模地震を想定した災害対策本部運用訓練を下記のとおり実施しますので,お知らせします。

 今回の災害対策本部運用訓練は,今年度発生した,大阪北部地震,7月豪雨,台風21号などの一連の災害で課題となった,職員の応援体制,市災害対策本部とライフライン事業者との連携などの課題を踏まえ,対応訓練を実施し,災害対応力を高めてまいります。

平成29年度京都市災害対策本部訓練の様子

平成29年度京都市災害対策本部訓練の様子

平成29年度京都市災害対策本部訓練の様子

1 訓練日時

   平成31年1月17日(木曜日)  午前9時30分~11時30分

2 訓練場所

⑴ 市災害対策本部訓練

  消防局本部庁舎 7階作戦室

⑵ 区・支所災害対策本部訓練

  各区役所・支所

3 訓練想定

 花折断層を震源とするマグニチュード7.5の都市直下型地震が発生し,京都市内に甚大な被害が発生。左京区及び東山区において,震度7を観測。

4 訓練概要

⑴ 大規模災害時における職員間応援及び受援調整訓練

 交通機関の途絶や大規模停電が発生している状況で,職員参集不能による要員不足に対応するため,BCP(業務継続計画)に基づいた業務の優先順位付けや職員の確保対策,また,職員の庁内調整,他公共団体からの応援職員の受け入れ調整訓練を実施する。

⑵ 防災関係機関等との連携による災害復旧対応訓練

 災害により広範囲で複数のライフラインが同時に被害を受けることを想定し,災害対策本部及び各機関が収集した被害や対応状況を共有し,ライフラインの早期復旧と,その中でも優先して復旧すべき地域や施設の選定,応急対応の調整等を,協定締結事業者等との連携を含めた訓練により実施する。

⑶ 区役所・支所災害対策本部運用訓練

 各区役所・支所独自の訓練計画に基づく区役所・支所災害対策本部運用訓練を実施する中で,今般の災害を踏まえて,防災業務マニュアル等における役割分担や活動体制等の検証を実施する。

5 講評

平成28年度京都市災害対策本部訓練の様子

訓練終了時,消防局本部庁舎7階作戦室において,市長から訓練講評を行います。

【 広報資料 】

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局防災危機管理室

電話:075-212-6792

ファックス:075-212-6790

フッターナビゲーション