スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

危険性のあるブロック塀の9月補正予算対象箇所の公表について

ページ番号244319

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年10月26日

危険性のあるブロック塀の9月補正予算対象箇所の公表について

 9月補正予算で撤去等の経費(一般会計及び特別会計分)を計上した箇所を下記一覧表のとおり公表いたします。

 箇所選定の考え方は下記のとおりです。

 なお,9月補正予算で計上した箇所は,緊急点検結果(8月末時点)に基づき判断したもので,専門家等による詳細調査等を踏まえ,対象施設の追加,差し替え等の対応を行うことがあります。

1 9月補正予算を計上したブロック塀の箇所数

 本市が所管する全920箇所(公営企業所管を除く。)中,簡易調査により不備が判明した,614箇所のうち,次の2で選定した311箇所

 ※ 詳細調査等を踏まえ,対象箇所の差し替えや,本市所管でないことの判明により,補正予算計上時(313箇所)から箇所数が変動しています。

2 今年度対応するブロック塀の考え方

 (1) 高さが2.2mを超えるもの

 (2) 高さが2.2m以下であっても,塀の状態が「倒壊の危険性が高い状態(※)」に該当するもの

  ※ 倒壊の危険性が高い状態の考え方

    高さが1.2m以上 2.2m以下の塀のうち,

    ア 控え壁がないもの

    イ 控え壁はあるが,塀の状態を総合的に判断し,危険と考えられるもの

対象箇所一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ先

京都市 行財政局防災危機管理室

電話:075-212-6792

ファックス:075-212-6790

フッターナビゲーション