スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】「京都市水害ハザードマップ」の発行について

ページ番号236756

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年5月11日

広報資料

平成30年5月11日

行財政局(防災危機管理室 電話:212-6792)

「京都市水害ハザードマップ」の発行について

 この度,近年の想定を超える浸水被害の多発を受け,想定し得る最大規模の洪水に対する避難体制等の充実・強化を図るため,河川管理者(国及び京都府)により「浸水想定区域」が見直されました。これに伴い,平成22年に本市が発行した「京都市防災マップ(水災害編)」を改訂し,「京都市水害ハザードマップ」を発行しますので,お知らせします。

 マップには,川が氾濫した場合の浸水の深さ,避難場所,避難情報の入手方法等を掲載しています。

 市民の皆様が,水害時に正しい避難行動を取ることができるよう,しっかりと内容を確認していただくため,市民しんぶん区版(平成30年5月15日号)の挟み込みにより全戸配布するとともに,京都市情報館及び京都市防災危機管理情報館で公開します。

 なお,改訂前後の主な相違点は下記のとおりです。

現行マップとの主な相違点

項  目

改訂前

改訂後

マップ名称

京都市防災マップ

(水災害編)

京都市水害

ハザードマップ

浸水深の配色

青色系統

赤色系統

(色覚障がいの方への配慮等)

立退き避難が

必要な区域 ※1

新たに掲載

指定緊急

避難場所 ※2 

新たに掲載

土砂災害

警戒区域 ※3

新たに掲載

※1 河川の氾濫流等による家屋の倒壊が想定される区域(平成27年の水防法改正に基づき河川管理者が指定)

※2 緊急に避難する際の避難先(平成25年の災害対策基本法改正に基づき京都市が指定)

※3 水害と同じく,大雨が原因で発生する土砂災害の危険がある区域(土砂災害防止法に基づき京都府が指定(京都市内の区域は平成29年3月に指定完了))

広報発表

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
  • 京都市水害ハザードマップ

    市民しんぶん区版(平成30年5月15日号)で配布している「京都市水害ハザードマップ」は,こちらからご確認いただけます。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局防災危機管理室

電話:075-212-6792

ファックス:075-212-6790

フッターナビゲーション