スマートフォン表示用の情報をスキップ

現在位置:

【広報資料】平成29年度京都市災害対策本部運用訓練の実施について

ページ番号230635

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2018年1月12日

広報資料

平成30年1月12日

行財政局(防災危機管理室 電話:212-6792)

平成29年度京都市災害対策本部運用訓練の実施について

 この度,京都市では,大規模地震を想定した災害対策本部運用訓練を下記のとおり実施しますので,お知らせします。

 今年度の災害対策本部運用訓練は,大規模地震発生時に想定される,広域避難のための調整訓練及び防災関係機関との対応訓練を実施し,災害対応力を高めて参ります。

平成28年度京都市災害対策本部訓練の様子

平成28年度京都市災害対策本部訓練の様子

平成28年度京都市災害対策本部訓練の様子

1 訓練日時

   平成30年1月17日 水曜日  午前9時30分~11時30分

2 訓練場所

⑴ 市災害対策本部訓練

  消防局本部庁舎 7階作戦室

⑵ 区・支所災害対策本部訓練

  各区役所・支所

3 訓練想定

 花折断層を震源とするマグニチュード7.5の都市直下型地震が発生し,京都市内に甚大な被害が発生。左京区及び東山区において,震度7を観測。

4 訓練概要

⑴ 広域避難のための調整訓練

 地震により,左京区や東山区に甚大な被害が発生している状況で,住家を失った被災者が多数発生するとともに,指定の避難所が使用できないとの想定のもと,市内の比較的被害が小さい地域の避難所へ被災者を移送するための調整訓練を実施します。

⑵ 関係機関等との連携による対応訓練

 ライフラインの早期復旧や,警察や自衛隊との連携による迅速な救助活動のため,災害対策本部及び各機関が収集した被害の状況や対応状況を共有するとともに,優先して対応を行う地域や施設の選定,活動地域の調整等を行う訓練を実施します。

⑶ 区役所・支所災害対策本部運用訓練

 各区役所・支所独自の訓練計画に基づく区・支所災害対策本部運用訓練を実施するほか,業務継続計画(BCP)により実施する非常時優先業務の中から,「初動」の活動を行う実働訓練を全区役所・支所で実施。新たに設置した保健福祉センターの活動体制等についての検証を実施します。

5 講評

平成28年度京都市災害対策本部訓練の様子

訓練終了時,消防局本部庁舎7階作戦室において,市長から訓練講評を行います。

【 広報資料 】

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局防災危機管理室

電話:075-212-6792

ファックス:075-212-6790

フッターナビゲーション