現在位置:

【広報資料】OECD第2回円卓会議(フィンランド共和国タンペレ市)への藤田裕之レジリエント・シティ京都市統括監の派遣について

ページ番号222029

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年6月26日

お知らせ

平成29年6月26日(月曜日)

行財政局防災危機管理室 075-212-6792

OECD第2回円卓会議(フィンランド共和国タンペレ市)への藤田裕之レジリエント・シティ京都市統括監の派遣について

本市は,昨年5月に,アメリカの慈善事業団体であるロックフェラー財団「100のレジリエント・シティ※1」(以下「100RCという。」)のプロジェクトに参加する世界100都市の1つに選定されたことを受け,平成29年4月1日付で,藤田裕之 前副市長をCRO※2(レジリエント・シティ京都市統括監)に任命し,全庁的な推進体制として,「京都市レジリエンス推進本部」を設置するなど,本格的に取組を進めているところです。

 この度,OECD※3から,本年6月29日木曜日にフィンランド共和国タンペレ市で開催される第2回円卓会議への出席依頼があり,本市のレジリエント・シティとしての取組を発信し,ヨーロッパを中心とする各都市からの参加者等と意見交換を通じて交流,連携を深めるため,市長代理として,藤田裕之CROを下記のとおり派遣しますので,お知らせします。

 OECDは,独自に立ち上げた「レジリエント・シティ」に関するプロジェクトにおいて,100RCとの連携した取組を検討しており,「レジリエント政策の策定・実行」をテーマとする同会議で,本市の取組について紹介願いたいとの要請があったものです。

 

1 派遣期間

平成29年6月27日火曜日~平成29年7月1日土曜日

2 被派遣者

藤田 裕之 レジリエント・シティ京都市統括監

  ※ 京都市長代理として,派遣します。

3 派遣期間中の日程について

(1)OECD第2回円卓会議について

   日時:    平成29年6月29日木曜日

   場所:    タンペレホール(フィンランド共和国タンペレ市)

   参加団体: 京都市,OECD事務局,タンペレ市(フィンランド共和国),

           アマドーラ市(ポルトガル共和国),オーフィス市(デンマーク),

           カーディフ市(イギリス),富山市(日本),イクレイ ほか

           ※ 京都市及び富山市は100RC選定都市

   会議テーマ: 「レジリエント政策を策定・実行するには」

          本市のレジリエント・シティとしての取組等について,プレゼンテーションを行うとともに,

          各都市等の取組等について参加者と意見交換を行います。

(2)その他

  世界の子育て支援政策の中でも先進的な取組であるネウボラ※4を視察します。本市の重要な政策課題の1つである人口減少社会の克服に向けた政策の検討に役立てていきます。

日程表

日程

場所

6月27日火曜日

午前 日本発
午後 タンペレ市着(ヘルシンキ経由)

6月28日水曜日

午前 ネウボラ視察
夕方 OECD レセプション参加

6月29日木曜日

終日 OECD 第2回円卓会議出席

6月30日金曜日

午前 タンペレ市発(ヘルシンキ経由)

7月 1日土曜日

午前 日本着

※1 「レジリエント・シティ」:

   あらゆる自然災害やテロ,サイバー攻撃といった混乱等に耐え,可能な限り早急に復旧し,より強靭になっていく都市。アメリカの慈善事業団体であるロックフェラー財団が2013年から3箇年をかけて世界の100都市を選定し,都市レジリエンスの構築に向けた財政的,技術的支援等を提供

 

※2 CRO(レジリエント・シティ京都市統括監:Chief Resilience Officer):

   100RCがすべての加盟都市において設置を必須としている職位。京都市が都市レジリエンス構築のために,資源を総合的に活用できるよう,市長及び各部局等に対し必要な助言等を行うなど,レジリエント・シティの取組を先導する。

 

※3 OECD(経済協力開発機構,本部 パリ):

   世界35箇国が加盟する先進国間の自由な意見交換・情報交換を通じて,経済成長,貿易自由化,途上国支援に貢献することを目的としている国際機関。

   2014年に「レジリエント・シティ」に関する独自プロジェクトを立ち上げている。

 

※4 ネウボラ(neuvola):

   フィンランド語でアドバイス(neuvo)の場という意味。妊娠期から就学前までの子どもの健やかな成長・発達の支援に加え, 母親,父親,きょうだい,家族全体の心身の健康サポートも目的とした取組であり,フィンランドが高い出生率の水準(フィンランドの合計特殊出生率は約1.8)を保っている理由の1つとされている。

OECD第2回円卓会議(フィンランド共和国タンペレ市)への藤田裕之レジリエント・シティ京都市統括監の派遣について

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局防災危機管理室

電話:075-212-6792

ファックス:075-212-6790