現在位置:

【広報資料】「京都市・帰宅支援サイト」及び防災ポータルサイト「京都市防災危機管理情報館」のリニューアルについて

ページ番号217809

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年4月17日

広報資料

平成29年4月17日

行財政局防災危機管理室 075-212-6792

「京都市・帰宅支援サイト」等を大幅にリニューアルします!

 この度,平成25年度から運用を開始している「京都市・帰宅支援サイト」について,外国人観光客をはじめとした,より多くの方に使用していただくため,立命館大学情報理工学部仲谷研究室の監修の下,多言語化(英・中・韓・やさしい日本語)するとともに,初めて使用する方にも分かりやすいサイトとして,以下のとおりリニューアルしますのでお知らせいたします。

 また,防災ポータルサイト「京都市防災危機管理情報館」についても多言語化(英・中・韓・やさしい日本語)しましたので,併せてお知らせします。

本格運用開始日

平成29年 4月17日 月曜日

「京都市・帰宅支援サイト」について

サイトの特徴

 これまでから,大規模災害発生時にKYOTOWi-Fi経由でインターネットに接続した場合,

自動的に同サイトへ誘導する機能を備えていましたが,今回,以下の機能を追加することで,

更なる利便性の向上を図り,より多くの方に活用してもらいやすいサイトとなりました。

今回追加する機能

  1多言語化(英語,中国語(簡体字・繁体字),韓国語)の実施

  2多言語化とともに,「やさしい日本語」を追加

    ・日本語を学習し始めた外国人にも,理解しやすい表現とすることにより,

     より多くの外国人に災害時の情報を伝えることが可能

  3避難先へのナビゲーションにコンパス機能を追加

    ・直感的に距離・方向が理解可能

    ・オフライン時でも案内を継続可能

  4他のアプリ等への当該サイトに係る「通知バナー」の表示機能の追加

    ・多様なアクセス方法の構築による利便性の向上

サイトのURL及びQRコード


防災ポータルサイト「京都市防災危機管理情報館」について

サイトの特徴

 従来から,日本語で避難に関する情報や防災知識の普及を図ってきましたが,多言語化することで,京都にお住まいのより多くの方に対し,安心安全な情報を届けられるように改修しました。

多言語による発信内容

1 災害時緊急画面による避難勧告等発令状況及び避難所開設状況

2 「安心安全の知恵袋」に掲載している情報の中から,特に重要な要素を抜き出して多言語化

サイトのURL

広報資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局防災危機管理室

電話:075-212-6792

ファックス:075-212-6790