現在位置:

【広報資料】「京都市庁舎施設マネジメント計画」の策定について

ページ番号216977

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

2017年3月30日

広報資料

平成29年3月30日

行財政局(資産活用推進室 電話:222-3284)

「京都市庁舎施設マネジメント計画」の策定について

 京都市の公共建築物のうち市営住宅及び学校施設を除いた全ての施設(庁舎施設)については,これまで,各施設所管部署がそれぞれに施設管理を行ってきましたが,全庁的に統一された庁舎施設マネジメントの取組を実施していくため,「京都市庁舎施設マネジメント計画」(案)を策定し,本年2月1日から3月5日まで,市民意見募集を行ったところ,市民の皆様から88件の御意見をいただきました。

 この度,これらの御意見を踏まえ,「京都市庁舎施設マネジメント計画」を策定しましたので,お知らせします。

1 目的

 庁舎施設に係る公共施設マネジメント推進のための実施計画として,「施設の長寿命化」と「施設保有量の最適化」についての具体的な指針や取組方策を定めるもの

2 位置付け

○ 「京都市公共施設マネジメント基本計画」に基づく施設類型別計画

○ 国の「インフラ長寿命化基本計画」に基づく個別施設計画


3 対象範囲

本市の公共建築物のうち,市営住宅及び学校施設を除いた全ての施設

(866施設,1,455棟,総延床面積約147万㎡)

4 計画期間

平成29年度から平成38年度までの10年間

5 計画の骨子

(1)施設の長寿命化

 ・ 予防保全・長寿命化改修の考え方を導入する。

 ・ 優先順位を付けて,施設の長寿命化を実施する。

 ・ 保全についての長期的なシミュレーションを行い,見える化を推進する。

(2)施設保有量の最適化

 ・ 将来のまちづくりを踏まえて最適化に取り組む。

 ・ 施設の長寿命化と連動して最適化に取り組む。

 ・ 「量から質」への転換を図る。

京都市庁舎施設マネジメント計画

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

(参考)「本計画」(案)に対する市民意見募集の結果

(1)募集期間

平成29年2月1日(水曜日)~3月5日(日曜日)

(2)御意見数

応募者数:70名 意見総数:88件

(3)市民意見の要旨と御意見に対する本市の考え方

   市民意見(パブリックコメント)のページに掲載しています。

このページに対してご意見をお聞かせください

このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

お寄せいただいたご意見は,今後のホームページ運営の参考とします。

お問い合わせ先

京都市 行財政局資産活用推進室

電話:075-222-3281

ファックス:075-212-9253